スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイキ無料独修コース(19) レベル4

〔転載〕
「永遠に続く道」
672.レイキ無料講習 独学で完全マスター 19
           2015.07.14
http://eternalhighroad.blog100.fc2.com/blog-entry-672.html

 当シリーズでは、「魂の法則」ヴィセント・ギリェム(著) 小坂真理(翻訳)のレイキに関する記述(啓示)に共感し、必要としている人が自由にレイキを学べる機会を無償で提供しています。
 レイキに興味をお持ちで当ブログに初めて訪問された方は必ず こちら をご覧になってから、タイトル「レイキ無料講習 独学で完全マスター」を 1、2、3、4、5… と番号順に読進めて下さい。

 レベル4ではレイキティーチャー(指導者)に必要な事柄と他者にアチューメント(伝授)する方法を学びます。
正しく伝えて健全な普及を目指しながら、無限に広がるレイキの可能性を体感してみましょう。


レベル4
(ティーチャーディグリー、奥秘伝)の説明 Ⅰ


1)レベル4の受講資格

 レベル1、レベル2、レベル3を修了していること。

2)レイキマスターとレイキティーチャー(指導者)の厳密な違い

1.レイキマスターとは、レベル1、レベル2、レベル3を修了した人の呼称。

2.レイキティーチャー(指導者)とは、レベル4を修了した人の呼称。

 但し、レイキティーチャー(指導者)をレイキマスターと呼ぶ団体もあります。

3)レイキティーチャー(指導者)の資格

 個人的には資格や呼称などは重要ではないと考えておりますが、取敢えず一般的な事柄を一通りお伝えします。

1.レベル4を修了するとレイキティーチャー(指導者)の権利を得る事が出来る。
2.レベル4を修了するには以下を習得する必要がある。
 a.シンボルとマントラの解説、使い方の説明が出来ること。
 b.レイキの本質と活用方法全般を正しく指導出来ること。
 c.希望者に正しくレイキエネルギーをアチューメント(伝授)出来ること。

3)テキストの作成

1.レイキ講座では、レベル1~4のテキストをレイキティーチャー(指導者)が作成する。

2.テキストの書式に決りはなく、文書作成ソフトの使用が一般的だが、手書きでも構わない。

3.レイキティーチャー(指導者)から配布されたテキスト(ここではブログの記述)や書籍などを参考にしながら、下記の各レベル「講習のポイント」を網羅した内容にする。

 レイキティーチャー(指導者)が各自でテキストを作成することは、復習の意味で有意義だと思います。

4)講習のポイント レベル1

1.レイキと何か?

2.アチューメント(伝授)とは何か?

3.レイキの基礎知識。(歴史、考え方、レイキの可能性、10大特徴)

4.基本の12ポジションの解説。

5.自己ヒーリングの解説。

6.他者ヒーリングの解説。(当ブログではレベル3)

7.動物、植物、鉱物へのヒーリングテクニックの解説。

8.効果が高い方法の解説。

9.グループで行なうテクニックの紹介。

5)講習のポイント レベル2

1.第一のシンボルとマントラの解説。

2.第二のシンボルとマントラの解説。

3.第三のシンボルとマントラの解説。

4.空間を超える遠隔ヒーリングの解説。

5.時間を超える遠隔ヒーリングの解説。

6.レイキBOXの活用法。

6)講習のポイント レベル3

1.第四のシンボルとマントラの解説。

2.第五のシンボルとマントラの解説。

3.高次元の意識、ハイヤーセルフとは何か?

4.自己を高める瞑想法。

5.ハイヤーセルフとのコンタクト方法。

6.伝統霊気のテクニック。

7)講習のポイント レベル4

1.レイキティーチャー(指導者)の説明。

2.テキストの作り方。

3.レベル1~レベル3の復習。

4.アチューメント(伝授)の流れとポイントの説明。

5.直接対面して行なうアチューメント(伝授)の方法。

6.遠隔アチューメント(伝授)の方法。

 第五のシンボルとマントラの解説、伝統霊気のテクニック、遠隔アチューメント(伝授)の方法は、一般的なコースには含まれておりませんので、活用は各自の判断に委ねます。
                            (続)


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。