スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朴大統領の妹が日本擁護

 韓国の要人にも、まともな人が居るじゃないですか。これが当り前な意見。

goo ニュース
靖国参拝「韓国の関与は内政干渉」 朴大統領の妹が発言
       07月31日 18:22             (朝日新聞)
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/ASH704VTHH70UHBI018.html

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の実妹、朴槿令(パククンリョン)氏(61)が日本による植民地支配などについて「天皇が謝罪したのに、なぜ首相が代る度に謝罪しろと言うのか」と述べた。
聯合ニュースが30日、金浦空港で記者団に語ったとして報じた。
韓国では、日本を擁護しているとして物議を醸している。

 聯合ニュースによると、槿令(パククンリョン)氏は首相らの靖国神社参拝について、「先祖に過ちがあったからとして参拝もしないのは人の道に背くこと」、「韓国が関与するのは内政干渉」などと話した。
旧日本軍の慰安婦問題についても「苦痛を受けた方々については、韓国民が国内でお世話をしなければならない」とした。

 最大野党の新政治民主連合の院内報道官は31日、「大統領の実妹が、安倍政権の妄動を庇うことは有り得ない(あってはならない)ことだ」と批判した。

 朴槿恵大統領と槿令(クンリョン)氏の関係は良好ではないとも言われる。
朴槿恵氏が与党セヌリ党非常対策委員長として先頭に立った2012年の総選挙で、槿令氏は同党以外から立候補。投票日直前に候補を辞退したものの、周囲を困惑させた。

 槿令氏は、日本の動画サイト「ニコニコ生放送」のインタビューで、日本の謝罪は必要ないといった趣旨の発言をしたと韓国で報道された。
このため、聯合ニュースなどの韓国メディアが空港で槿令氏を取材した。
ニコニコ生放送は、槿令氏のインタビュー映像を4日午後10時から放映する。(ソウル=東岡徹)


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。