スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓関係改善の動き

1.goo ニュース
<韓国外相>世界遺産交渉「困難な協議だった」
       07月09日 23:11         (毎日新聞)
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/world/mainichi-20150710k0000m030112000c.html

 【ソウル米村耕一】韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は9日、ソウルで記者会見し「明治日本の産業革命遺産」の文化遺産登録を巡る日韓間の交渉について「想像もつかない程に困難な協議だった」と振返った。
更に、日韓間の懸案となっている慰安婦問題についても「負けず劣らず手に負えない程の交渉になるだろう」との見通しを示した。

 産業革命遺産の問題では、朝鮮半島出身の徴用工の状況をどう表現するかで対立し、条約など国際法で「強制労働」を意味する英語の文言を避け、強制性を明確に含む別の表現で折合った。

 尹外相は残る日本との課題として、安倍晋三首相が夏に発表する戦後70年談話の内容や慰安婦問題を挙げ、「世界遺産登録問題と同じように忍耐を持って一つずつ解決し、関係改善を(実現)出来るよう努力したい」と強調した。

 ただ、戦後70年談話について、韓国側が望む具体的な表現には触れず、「過去の首相の認識をそのまま継承し、未来志向で進むことが出来るということを見せて欲しい」と述べるに止めた。


2.韓国外相、慰安婦問題「首脳会談で決着も」
    2015/7/9 23:32     (日本経済新聞 電子版)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS09H41_Z00C15A7PP8000/) 

 【ソウル=峯岸博】韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は9日、韓国メディア主催の討論会で、日韓首脳会談について「難しい交渉を首脳に任せるのは良いことではない。一方、結局は首脳が決断しなければならない場合も多い」と述べた。
従軍慰安婦問題などの懸案を首脳会談で政治決着させる方法も有り得るとの認識を示したものだ。

 これに関連し、日中韓首脳会談が「下半期中に開かれる可能性が相当高い」と指摘。(以下有料記事)


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。