スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で一番住み易い都市

 以前に「新しい日本のリーダー」という記事で紹介した愛知県長久手市(快適度1位)が、今年、堂々総合2位に浮上しています。


goo ニュース
印西(いんざい)、初の4年連続1位 商業施設開業増など評価 全都市住みよさランキング
        2015年06月26日 11:16        千葉日報
http://news.goo.ne.jp/article/chiba/region/chiba-32275478.html

 東洋経済新報社が公表した今年の「全都市住みよさランキング」で、印西市(いんざいし。千葉県北西部に位置する面積123.8km², 人口約9万1千人の都市。印西市と周辺2市に広がる「千葉ニュータウン」がある)が全国1位に輝いた。
 調査開始以来、初となる4年連続の首位。人口流入が続いていることや、それに伴い大型商業施設の開業が相次いでいることなどが高い評価を得た。千葉県内では他に成田市(22位)が上位50位に入った。
 全国790市と東京23区の合計791自治体が調査対象。出生数、大型小売店店舗面積、新設住宅着工戸数など15の公的統計データから「利便度」「快適度」など5項目を分析し、総合評価を算出している。
 印西市は利便度が5位、快適度が28位、富裕度が45位と全国トップクラスだったことが高評価につながった。
 千葉ニュータウンなどへの人口流入が続いている影響で、幹線道路沿いを中心に大型商業施設の出店が増え、人口当りの大型小売店店舗面積(2014年)が昨年に続き1位となったことが利便度を押上げた。
 富裕度が高かったのは高所得住民が多いことに加え、地盤が強いため金融機関のデータセンターなどが集中して税収が高く、財政力指数(13年度)など3指標が100位以内に入ったため。
 一方、成田市は昨年の19位から順位を下げたが上位を維持。
成田空港を擁する強みから、利便度と富裕度の2項目が23位と高評価。中でも富裕度を算出する財政力指数と人口当りの地方税収入額(同)は1位だった。
 ランキング2位は愛知県長久手市で、昨年の4位から上昇。
隣接する名古屋市のベッドタウンとして宅地・商業地開発が進んでいることで快適度が1位だった。3位には住宅着工や出生数が増えた石川県能美市が入った。
 調査は今年で22回目。ランキングの詳しい結果は、同社発行の「都市データパック2015年版」に掲載されている。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。