スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マコトの神かかり

神だけではこの世の事は成就せんと申してあらうがな。
神がうつりて成就さすと申してあろうがな。
こんなことこれまでにはなかりたぞ。

(ひふみ神示 第十五巻 イハの巻 第3帖)

いよいよとなりたら神が臣民にうつりて手柄さすなれど、今では軽石のような臣民ばかりで神かかれんぞ。
早う神の申すこと、よくきいて生れ赤子の心になりて神の入れものになりて呉れよ。
一人改心すれば千人助かるのぞ、今度は千人力与えるぞ、
(ひふみ神示 第三巻 富士の巻 第12帖))


 私は上の神示を出口直出口王仁三郎のようなイメージで捉えていたのですが、以下の神示を読むと、必ずしもそうとは言い切れないようです。
でも、傍目には神が憑っていないと見える神かかりで本当に千人助けられるのでしょうか?
これが、目下、私の最大の関心(悩み)事です。

あんな者がこんな手柄立てたと申すことあらうが、
臣民からは阿房に見えても、素直な人には神がかかり易いのであるから、早う素直に致して呉れよ。
(ひふみ神示 第五巻 地つ巻 第21帖)

神かゝってゐないと見える神カカリが誠の神カカリと申してあろが。
そこらに御座る神憑は五段目六段目の神憑ぞ。
神カカリとは惟神(かむながら)の事ぞ、これが神国の真事(まこと)の臣民の姿ぞ。
惟神の国、惟神ぞ、神と人と融け合った真事の姿ぞ、
これからは神カカリでないと何も分らん事になるのざぞ、
早う神カゝリになる様掃除して呉れよ、神の息吹に合ふと神カカリになれるのぞ。
一二三唱へよ、祓えのれよ、神称へよ、人称へよ、

(ひふみ神示 第七巻 日の出の巻 第21帖)


 この神示こそ、今現在、私が実行していることだと感じます。
上の神示のように、神国の民の自覚と行動、身魂の掃除洗濯、朝夕の礼拝で神の息吹きに合せる、ひふみ祝詞を唱える、大祓ひ祝詞を宣る、神を称える、人を称えることをしています。
すると、今の私は下の神示のように、「神かかっていても、われにも他にも判らぬようになりて」いるのでしょうか?
どうもよく判りません。判らない神かかりが良いとは書いてありますが。

いつでも神かかれるように神かかってゐるように、神かかっていても、われにも他にも判らぬようになりて下されよ。
鍬とる百性が己をわすれ、大地をわすれ、鍬をわすれてゐる境地が、まことのみたましづめであり、神かかりであるぞ。

(ひふみ神示 補巻 月光の巻 第49帖)

人間の云ふかみかかりとは幽界のカミかかりぢゃ。ろくなことないのぢゃ。
かみかかりにも、かみかかりと判らんかみかかり結構ぢゃなあ。まことぢゃなあと知らしてあるのに未だ判らんのか。
(ひふみ神示 第二十五巻 白銀の巻 第6帖)

人間は皆、かみかかってゐるのであるぞ。かみかかってゐないもの一人も居らんのぢゃ。かみかからんものは呼吸せんのぢゃ。 
(ひふみ神示 第二十五巻 白銀の巻 第49帖)


 確かに人間は動物と違い、神の分神霊モナド(≒魂)が入っているので神がかかっています。
神智学的に言えば、動物は「感情と欲望の媒体であるアストラル体」と、未発達ながら「知能の媒体であるメンタル体」を持っています。
人間の肉体は動物として進化を遂げた生き物ですから、これらが「獣の性」として残っています。
霊性が未発達な段階では、この「獣の性」が勝って、人間の本性であるかのように振舞います。
 しかし、それはあくまで表面上のことであって、人間の本体は神そのものであることに変りはありません。
謂わば、汚れた玉であって、汚れを落し、磨けば「此の世の神」になれる存在です。
あれこれ考えず、神の容れ物となって素直にさえしておれば、後は神が良きに使って下さるでしょう。

三千世界の神々様、臣民人民一時も早く改心いたし大神様の御心に添ひ奉り、地(くに)の日月の神と成りなりて、全き務め果たします様何卒(なにとぞ)御守護願ひ上げます。
そがためこの身この霊(タマ)はいか様にでも御使ひ下さいませ、

(ひふみ神示 第十九巻 マツリの巻 第3帖)



関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。