スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間と空間の謎

 オレンジャーは「この宇宙は4次元」という記事でも同じ様なことを言っていますが、これだけは私にも良く理解出来ません。
単に何もなく、何も動かない宇宙空間では、感覚的に時間、空間が感じられなくなるだけで、三次元であることに変りはないと思うのですが。

 でも、同じ様なことが神智学の本にも書いてあるのです。(下記)
そこで言われている過去と未来はアカシック・レコードです。
 アカシック・レコードについては、オレンジャーの過去ログを参照。(http://ameblo.jp/oranger13/entry-11525241123.html
要するに、アカシック・レコードとは過去と未来の全ての体験や思考及びパラレルワールドの記録だと書いてあります。この点は神智学と同じです。(体験、思考、パラレルワールドは同じものなのでしょうか?)
地上では、思考やパラレルワールド=仮想の世界、と考えないと混乱します。
 
神智学の記載
当ブログの過去記事(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-378.html)より抜粋

“大自然の記録と云われているアーカーシャの記録にはブッディ界層(六次元)では、普通の意味で言う記憶(という記録)よりも遥かに多くの意味がある。
この界層では時間と空間とは最早何らの制約もしなくなる。
観察者は事件の関連を殊更に査閲する必要は最早なくなる。
過去も現在もそして未来も同時に彼の前に現われるのである。
何故なら、彼は所謂「久遠の今」の中にあるからである。

この言葉は物質界層では無意味ではあっても、ブッディ界層では事実なのである。”
(A・Eパウエル編著 神智学大要3 メンタル体 第28章)


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 時間と空間       2013-01-27
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11457458574.html

 おれはオレンジャー。
昔、アインシュタインという頭の良い人が相対性理論なるものの中で時間と空間について始めて真実を明らかにした。
人は五感で感じているものしか信じていないようだが、その感覚器から得られる信号だけが真実だと洗脳されていることに気付いていない。

 例えば、時間と空間。
どちらもゲームの世界と同じ、只の仮想世界だ。
真実の世界を見たければ、地球の周りを回っている月の周回軌道の外側に出て見れば良い。
時間と空間が存在していないことを体感出来る。

 地球の周りを月が回ることによって、時間という概念が生れ、そこに因果関係という時系列ルールが発生するように仕組まれているんだ。
宇宙には時間とか空間とかいう概念は存在しない。
どれも同時で同じ場所で、全ては一つだ。
この感覚、宇宙では当り前なんだが、地球ゲームの中にいる人類には理解出来ないらしい。

 もう一度伝えておく。
時間も空間も概念で生れている只の仮想世界だ。
真実の世界は別にある。全ては同時で同じで一つだ。

映画「マトリックス」のように。

 じゃ!


関連記事

テーマ :
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。