スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムー大陸の浮上

 最近の日本周辺の地震、噴火位置は霧島火山帯と富士火山帯に集中しており、これを木村政昭氏の地震・噴火予想図と重ねて見ますと、私には未来のムー大陸の姿が朧げながら浮んで来るようです。(参考過去ログ: 「富士火山帯の胎動」)
 中国が第一列島線と名付けた長大なラインの一部、九州の南西諸島から沖縄を経て台湾に至る一帯は隆起して山脈となり、東支那海は内海のようになるのではないでしょうか。
また、伊豆半島から西之島を経由する第二列島線は、日本列島から太平洋の島々に続く広大なムー大陸の背骨になるのでしょうか。
 エドガー・ケイシーによる「日本沈没」の予言とは真逆に「日本はお土があがる」と預言した日月神示が思い出されます。

日本はお土があかる、外国はお土がさかる。
都の大洗濯、鄙の大洗濯、人の大洗濯。

(ひふみ神示 第一巻 上つ巻 第1帖)


  画像: 木村政昭ホームページ より
 木村政昭の予測 検証
   画像転載元: (http://kimuramasaaki.sakura.ne.jp/site2/2015/05/30/1038/


関連記事

テーマ : ふと感じること
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。