スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美内すずえの「アマテラス」

 芸術家のインスピレーションは、本質的にチャネリングと同じです。
前記事は、これを紹介するために掲載しました。
調べて見ると、「天下泰平」さんもこの漫画を「正直、長い間ブログで伝えて来たことの主要なエッセンスが、全てこの中に濃縮されていると言っても過言ではない」と絶賛しています。(http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51878586.html


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 アマテラスを知っているか?     2013-12-10
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11726561079.html

 俺はオレンジャー!
今日は「アマテラス」という漫画について少し話をしよう。
君達は「アマテラス」って漫画を知っているか?
「ガラスの仮面」で有名な 美内すずえ という作家の作品だが、この中には本質を突いた色々なメッセージが降りている。
ちょっとここで紹介しよう。

 ~以下引用

 全て波動なのです。
波動が映像化することもあれば音楽となることもあって、この音楽はまた新たなものを産み出す力を持つのです。
 良いですか。
「音」と思われるものの波動が「物」を創ることも可能なのです。
物質を産み出すこともするのです。
地球も天体も宇宙も元はその波動の働きによって産み出されました。

 波動の組合わせで空間移動が可能になります。
大きな機械は必要ありません。
古代の人々は、これらのことに気付いており、随分利用していました。

 「石」の波動はとても大切です。
「石」のオーラに早く気付いて下さい。
振動数の異なる様々な「石」の生命に気付いて下さい。
「石」は「光」を持っています。
山に神が降りる、存在するというのもそういうことなのです。

 全ての生命体が周波数を持つのだということに是非気付いて貰いたいのです。
地球では様々なUFOが取沙汰されていますが、最も高度な次元からやって来るものは神の生命体と言っても良いほどです。
それほど高い周波数を持っているのです。

 聖地や神の場というものも高い周波数の波動を持ちます。
聖地や神の場はかつてはもっと違ったところでした。
エネルギー磁場のコントロール調整所…
大地のエネルギーを全ての生命系にとって良く働くために調整をする所であり、そこに「神」という存在の意志が働いたのです。

 そのような生命エネルギーの場が日本には数多くあります。
それらのエネルギーポイント(スポット)を開くということは、地球自体がもう一つの次元に移るということで大変重要です。

次元移動の摩擦があると思って下さい。

 人類は変ります。
我々のように粒子が早くなります。
次元移動の後には神の意識を持ち、進化した人類によって大いなる調和を基とした輝かしい世界が築かれるでしょう。
 今の地球は古い次元から新しい次元への丁度移行期に当り、次元移動の前には必ず起ることで、今の人類はその大変化を通過しなければなりません。
これより世界的な規模で変動があり、地球と人類の分れ目とも言うべき時が訪れます。
この時、どちらへ進むかは人類の選択にかかっています。
一日も早い魂の目覚めと開きが肝心です。

 急ぎなさい!
日本は大きな使命があり、「竜の背骨」というのは嘘ではありません。
日の本は霊(ヒ)の元で日本には数多くの宇宙神界とも繋がる神界があり、地球自体の霊的エネルギーを調整しています。
世界各地の生命エネルギー、超意識といったものが正常に働き出すと地球の次元移動が可能になります。
そのためには日本の果す役割は大きいのです。

 あなたの目には映らなくても、何時でも私達が見守っていることを忘れないで下さい。
始めに光透波(ことば)ありき…!
この日の本は「竜の背骨」、神の宝を秘めておる。次元移動の鍵となろう。
霊の元の大地の中の眠れる「獅子」を起せ!
竜宮乙姫は目覚め、太古の竜は起き上がる。
その時、世界は変ろうぞ!

 この星を真(マコト)、神の星と成せ!
祈れよ。平和と愛と調和こそが地球と人類の未来を輝かしいものに変えて行こう。
祈りとは「意乗り」である。万物の創造主たる神の意に乗ることじゃ。
平和の想いを「光透波」で「意乗れ」。強く強く繰返し繰返し。
さすれば神の波動が地上に満ちよう。
人々は母たる神の愛に目覚めよう。

 ~引用ここまで

 是非この文章を味わって見て欲しい。
きっと色々な気付きがあるだろう。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : アセンション(次元上昇)
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。