スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神と共存したエジプト文明

 エジプト文明初期の頃、人と共存した古代の神々(宇宙人)は、身長4m、寿命も400年~800年あったそうです。
これは「アミ 小さな宇宙人」の、進化した地球人である「オフィル星人」そっくりです。(当ブログ「アミの言葉、メモ(10) オフィル星人」参照)


  ネフィリム(巨人)
  ネフィリム
  画像引用元: (http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-2931.html

 この壁画(レリーフ)の、椅子に腰掛けているのがネフィリム、丸で囲った小さな像が現在の人間です。(宇宙人ならDNAも重力も自由自在にコントロール出来ます。神として人間に臨んだ宇宙人が人間より小さいことは有り得ません)


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 神との共存         2014-01-11
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11747219992.html) 

 俺はオレンジャー!
今日は古代の神々についての話を少ししよう。
エジプト文明の初期の頃、人と神は共存していた。
正確には神と崇められていた宇宙からの存在と共存していたというのが正しいかも知れない。

 当時、神々と呼ばれていた存在達は、身長4m、寿命も400年~800年と長かったんだ。

そして、人間はそんな存在達と共に生活をしていた。
現存するエジプトの遺跡に残っている巨像はモチーフなどではなく、本当に存在していた大きさそのままに作成されたものなんだ。

 その大きさで且つ様々な能力を持つ存在達が、ピラミッドを含む様々な技術をエジプトに伝えていた。
更にエジプト人には、神々とは別の情報ソース(アトランティス文明)があったんだ。

その話は明日(下記参考記事。既出)にまたしよう。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


参考記事:
宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 引き継がれた叡智      2014-01-12
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11747221324.html


関連記事

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。