スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性性と女性性の統合

宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
二極性のルール 男性性と女性性     2013-03-09 
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11486444420.html

 俺は、オレンジャー!
今日は男性性と女性性について話をしたい。
これまで、このブログで紹介したとおり、この世の中は、2極性のルールによって、様々な学びが出来る仕組みになっている。
善と悪がその最たるものだが、性別もまた二極性のルールによって生れた一つの仕組みだ!

 男性には男性の役割があり、女性には女性の役割がある。
それぞれ持っている能力や特徴が大きく異なるのに、男女を同じように扱うルールが世の中に沢山溢れている。
無論、昔のような女性差別は論外だが、全てを性差を考慮せずに均一化するのも問題だ。
二つの極があるからこそ、素敵な刺激があり、感情が動き、そこに学びがあるんだ。
かなり上のレイヤー(霊的階層)の存在になると、この性別という概念が無くなる。
でも、君達が崇拝する神様のレベルであっても、未だ性別の区別があるんだよ。

         男性性と女性性


 例えば天照大御神。
一般的には女性と捉えられているが、昨年まで君臨していたのは、男性性の強い天照大御神だ
今年(2013年)の式年遷宮を境にして、今まさに大きく女性性のエネルギーに変ろうとしている。
戦いや争いの時代から、統合=和の時代へ大きく移っているんだよ。

 日本は、大和(だいわ、やまと)の国。
世界の和は、日本がモデルとなって作られるんだ。
これからの時代、日本人が鍵を握っているぞ!
特に大和撫子がだ!

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。