スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャネラー系情報抜粋(5)

 暫く静観していましたが、やっと、まともな記事が出て来ました。
今回も本文だけ全文転載して置きます。(私の備忘録として)

「ピュア・インスピレーション」2012年11月17日 22時32分の記事
http://blog.kuruten.jp/katukan03/230256

 私は、五次元世界に次元上昇すれば、リーダーは不要になるのでは、と考えています。
しかし、「サルーサ」さんは、オバマ大統領を「光の戦士」だとして、この場合、チャネラーであるマイク・クインシーさんの意思が入ってのことであるかも知れませんが、今後の「ディスロージャー」、「コンタクト」で重要な役割を担っている、世界を引っ張って行くリーダーであると伝えています。
 しかし、「大天使メタトロン」さんは、「地球はもはや、支援を目的として慈善的な教師達が3次元に対して物質的に姿を現さなければならない惑星ではありません」と、「ディスクロージャー」、「コンタクト」を全面否定しています。
私もそんな時期は過ぎているし、そんなことをしても人々を混乱させるだけであり、意味が無いと思っています。
このようなことから、「サルーサ」さんが三次元世界的な発想から来るメッセージを伝えているので、最近は、ちょっと距離を置きたいと考えています。

 さて、2012年12月12日12時12分(日本時間21時12分)に、前記事でお伝えしたように、次元上昇の数々の過程は、12-12-12(2012年12月12日)に起ることに気付くことが重要です。
「12-12-12によって、結晶構造のエネルギーが新しい地球に向けて明らかになることが許されます。
それが惑星の新しいDNAが結晶構造の領域の内部でネットワーク化して、新しいグリッドと結び付き、“人間のグリッド”と溶け込むことを許します。
 それはすべて、12-12-12の12時12分に起ります。
次に再起動が起り、そして2012年12月21日に“新しい地球の誕生”が起ることを可能にします。
今、それに応じて、圧倒的多数の人類は、地球上の差し迫った、どのような変化も確認することはないでしょう。
彼らは2012年12月22日に目覚めて、“何が一大事だったんだ?”と話しているでしょう。

と、「大天使メタトロン」さんは伝えています。

 そして、目覚める人々は12月13日からどんどん増えるようです。
2013年からは宇宙意識への進化が始まるようです。


 このようにして、第一ステップが26年かけて徐々に進み、2038年に完了するとの事ですが、この宇宙意識が浸透して行く過程で、所謂リーダーが必要なのかどうかという事です。
今までの、この二元性三次元社会でのリーダーは、影に隠れて人類を操る闇の支配者の代理人であったことが明白になっています。
特に最近の世界の国々のほとんどのリーダーがそうです。
 ところが、私たち全員が目覚めると、操られている彼らの意識より数段レベルが上がり、それこそ、彼らとは次元が違う意識になります。
操られている彼ら、脅されて従っている彼らを除いた大多数の人々の意識が格段に向上します。
例え、彼らが命令しても、それに従うことは無くなるでしょうし、逆に彼らに対し説くようになり、それに彼らは反論できなくなり、リーダーとしての役目は到底果せなくなります。
リーダーの手下で目覚めていない人々以外の大多数がそのような意識になりますから、彼らは無用の存在になります。
 このように考えると5次元以上の社会には、人々を支配することを目的としたリーダーは不要になるものと思われます。
そして、低い意識の善悪に基づいた多くの法律も不要になります。
意見の違いによる全ての争いが全て無くなるまでにはならないでしょうが、それらも相当減るものと思われます。
 しかし、宇宙の法則、宇宙意識に基づいたルールは必要になるものと思われ、それらのルールを作り周知徹底されることになると思います。
これらのルールは地球の人類の次元上昇の段階に応じて、そのレベルに合うように改変されていくものになると思われます。

 このように成ることを前提とした場合、そのルール作りにふさわしい人々がどういう人々になるかは明白です。
地球人類の中で、その時点で最も高次元の意識を持った人々がその役目を担うのがふさわしいということになります。
 たとえば、最も高次元意識を持った人々を51人選び、その中で一番高い意識の人が議長になり、あと50人分は、世界の人々のネット投票かテレパシー投票により、それら全体の過半数でルールを決めていくというような形になるのではないかと思われます。
所謂、執政官がいないローマの元老院のようなものに世界の人々が参加したようなものに成ると思われます。
これらが決まる過程は全てガラス張りで世界に中継され、全て公表され、実施されるでしょうから、執政官などは不要だということになります。

 私は、将来、このような社会になるのでは、と妄想していましたが、やはり、同じように考えておられる方がいましたので、参考記事に取り上げました。
今まで、何度か参考記事で取り上げた「遠い記憶・前世との約束」さんです。
この方は、所謂、特殊能力(リーディング)をお持ちの方で、相談者の方々の過去生や未来、ハイアーセルフと会話できるようです。
そして、多くの方々の情報を総合的に判断すると、未来の社会にリーダーは不要なのでは、と述べられています。

参考記事
「遠い記憶・前世からの約束」(http://farmemory.exblog.jp/


関連記事

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。