スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アミの言葉、メモ(14) 宇宙の基本法

 ここでアミが述べている愛とエゴの相克は、ヴィセント・ギリェムの『魂の法則』に詳しく書かれています。
因みに、そのソースである「イザヤ」と名乗る神霊はシルバー・バーチと同じ霊団、つまり、霊界のイエスキリストに繋がる存在だと思われます。
何故なら、この三者(アミ、イザヤ、バーチ)は同じ波動を持っているからです。その背後には、かの一なる御方の存在があります。

 しかし、このエゴは進化の過程で必要不可欠な土台であって、克服されるべきものではありますが、否定すべきものではありません。
その克服という過程なくしては、魂という建造物は砂上の楼閣となります。(神智学)
その辺を日月神示では次のように説いています。

他を愛するは真愛ぞ。己のみ愛するのは自己愛ぞ。
自己愛を排してはならん。自己愛をひろげて、大きくして真愛と合致させねばならん。
そこに新しき理(ミチ)ひらけるのであるぞ。

自己愛を悪魔ととくは悪魔ぞ。無き悪魔つくり、生み出すでないぞ。
一段昇らねば判らん。

(ひふみ神示 第二十九巻 秋の巻 第6帖)


アミ 小さな宇宙人』 エンリケ・バリオス 著 石原彰二 訳 (徳間文庫)
より抜粋 (原文は子供向けのため、平仮名が多い)

p157~ (オフィル星にはお金がなく、私有財産もない。では法律は?)

p162 「法律はある。でも、例の基本法に基づいていて、全ての人々が幸せになるように作られているんだ」

p163 「ここには罰もなければ刑務所もない。もし誰かが何か過失を犯した場合、その人自身が苦しむことになるんだよ。つまり、自分で自分を罰するんだ」

p163 「ここでは、皆、愛し合っているんだ。皆、兄弟なんだよ」

p164 「宇宙の全ての文明社会は、皆同じように組織されている。愛が宇宙の基本法なんだよ

p164-165 「とても単純で、素朴で、至極当り前のことのようであるけれど、これを感じ、体得するのは容易なことじゃない。だからこそ、進歩が必要となって来るんだ。
進歩とは、愛により近付いて行くということを意味しているんだ。
最も進歩した人が、より崇高な愛を体験し、より深い愛を表現するんだ。
本当の人間の大きさ(偉大さ)とは、ただ、その人の愛の度数によって決定されるんだよ」

p165 「我々の内部には障害があって、それが我々の一番素晴しい感覚である愛を阻んだり、ブレーキを掛けたりしているんだ」

p165ー166 「(その障害とは)エゴだよ。自我、自己、自惚れ。我々自身に対する間違った考え。ニセの自分だよ。
人にエゴが沢山育っていると、他人よりも自分がずっと重要だと考えるようになり、人を軽蔑したり、傷付けたり、利用したり、他人の人生を支配する権利まであるように思い込んで来る。
 エゴは愛が育つ際の大きな障害になっているから、他人に対する慈しみ、思いやり、憐み、優しさ、愛情などを感じさせ難くするんだよ。
例えば、エゴイスト、・・・自分以外には全く興味を持っていない。
自己崇拝者、・・・自分以外の誰も崇拝しない。
自己本位者、・・・自分のことしか話さない。
自己中心主義者、・・・宇宙が自分を中心に回っていると思い込んでいる人。
 人間の進歩とは、エゴを減少させて、愛が育って行くようにすることを言うんだよ

                          (続)  


関連記事

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。