スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アミの言葉、メモ(11) 今を楽しむ

 オレンジャーがくどいほど言っていることをアミも言っていました。
確かに、子供がどんな状況下でも嬉々として、はしゃぐ姿を見ていると、あれが本来の姿なんだな~と思います。
大人になっても、「心くばりは忘れてならんなれど、取越し苦労、過ぎ越し苦労はいらん。何ごとも神にまかせよ」です。(ひふみ神示 月光の巻 第61帖)


アミ 小さな宇宙人』 エンリケ・バリオス 著 石原彰二 訳 (徳間文庫)
より抜粋 (原文は子供向けのため、平仮名が多い)

p137 (オフィル星では大抵皆、一人ではなく何人かのグループで歩いていた。お互いにお喋りしながら、腕や肩を組んだり、手を繋いだり、また、出会った時や別れる時など、大変愛らしい仕草をし、とても明るく陽気で、つまらない取越し苦労などしてないように見えた)

p137 「前にも言ったろう。彼らは先々のことを色々想像して、思い悩んだりなんかしないんだよ。ただ、この今を充実させることを、先ず心掛けているんだ」

p138 ペドゥリート: 「どうして皆、あんなに嬉しそうなの?」

p138 「生きることを楽しんでいるからさ。それじゃ未だ、何か不足だとでも言うのかい?」

p138 ペドゥリート: 「でも問題は抱えてないの?」

p138 「物事を問題として捉えるのでなくて、乗り越えるための自分自身への挑戦として理解しているんだよ。だからここでは皆元気だ」

p138 ペドゥリート: 「でも僕のおじさんは、もし何も(考えるべき)問題がない人がいたとしたら、最後には、頭に弾丸を撃ち込んじゃうって」

p138 「君のおじさんが言おうとしているのは、頭にとっての問題だ。もう一つの情緒の頭脳が働いていない限り、頭は停止出来ないコンピューターに過ぎない」

p139 ペドゥリート: 「じゃ、考えるということの他に、何があるの?」

p139 「知覚することだよ。見えるもの、聞えるものに喜びを感じること。手で触れること、自覚して呼吸すること、嗅ぐこと、味覚を味わうこと、たった今の現在を満喫することだよ。君は今、この瞬間、幸せかい?」

p139 「ちょっとでも良いから、考えることを止めてごらん。ずっと幸せになれるよ。・・・。
バカなことを質問する前に、目を大きく開いて周囲(の驚くべき状況)を良く見てごらん。
この今という大切な瞬間を無駄にしてはダメだよ」

p141 「(楽しむためには)愛がなくてはならない。(楽しむという)意識がなくても同じことだ(楽しめない)。思考は人間の持っている可能性の中で、三番目に位置する。第一位は愛が占める。第二位は意識だ」

p142 「地球じゃ、思考こそが最高だと思っている。つまり、やっと第三位の水準にいる。
だから、良く考える人のことを賢者とか物知りって言うんだ」
(実際は、人生を楽しんだり、全てを愛する人の方がずっと上なのだよ)

                       (続)  


関連記事

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。