スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実を見る目

宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 真実の目     2015-02-19
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11991267828.html

 俺はオレンジャー!
今、君達の周りには沢山の情報が溢れている。
その情報を追うあまり、君達は流れている情報=事実と認識する癖がついている。

このサイクルに嵌ってしまうと君達は簡単に洗脳されてしまう。
入手し易く理解し易い情報は人の思考を停止させてしまうからだ。

 流れている情報を鵜呑みにするな。
そこには誰かのバイアスが掛かっている。
テレビのニュースや新聞報道もその殆んどが事実ではない。
事実らしき情報に特定のフィルターを掛けて世論を扇動している。


 真実を見極めること。少なくともその意識を持つこと。

 何を見れば良いのか。推理小説と同じ。誰にとってメリットがあるのか。
証言者が言っていることではなく、行動履歴とお金の流れを辿ってみる。
そこにウソは入り込めない。
どんなに巧妙に仕組まれたストーリーでも、そこを見れば誰の目にも真実は明らかとなる。

 今日はこんなところだ。 じゃ!

 --------------------------------------------------------------------------------------------------

 このオレンジャーメッセージは、現在、私が強く感じていることの一つです。
良い機会ですので、「徹底検索、堀進」を例に挙げましょう。
このブログは単なる情報コレクションではなく、“あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。”と謳っているサイトです。
つまり、ここには本物の良い情報を集めてあると言っているのです。
 ところが、私の目から見ると玉石混交で、かなりの部分が偽情報です。
結果的に、本物の中に偽物を混ぜる工作員や詐欺師と同じことをやっています。
お金には不自由していないようですが、収入源は何なのかさっぱり分りません。
 また、ご本人は霊的にかなりのレベルに達していると思っているようですが、殆んど実践を伴なっていないので、本物になれる訳がありません。
知識だけで本物になれるくらいなら、わざわざ経験を積むために、この世に生れて来る必要はありません。
因みに、ヨガとか瞑想で悟った振りしている人も私は原則、信用しません。あれはどうしても邪霊に憑かれたり、観念論に陥り易いからです。
 「堀進と神と666の対話 一厘の仕組」で検索してみると分りますが、この方と私は多少の因縁があります。しかし、何年も前から殆んど進歩していません。

 「新・ほんとうがいちばん」さんも同じです。看板に偽りありです。

 “誰にとってメリットがあるのか”と言えば、「ドラゴン魔女」のブログも怪しい。
“真を暴く”と言いながら、支配層に対する恐怖心を植付ける役目を果しているようにも見えます。 
一体、魔法を習得することが、支配層に対抗する手段になりうるのだろうか? 
 因みに上位の魔導師になれる素質のある人は、ほんの一握りです。
彼等は支配層に対抗するのではなく、その一角に加わろうとするのではないですか? 
つまり、○龍さんはそういう人達の発掘役のようにも見えます。
他にも、何を収入源にしているのか、本業はクリエイターと自称しているが立派な作品があるのか、何のために信者の獲得に努めているのか、何故、個人面談をやっているのか等々、疑問だらけです。
爬虫類人支配を終らせる最良の手段は魔法ではなく、多くの人々が宇宙の基本法である愛に覚醒することではないのだろうかと私は思うのですが。

 序(ついで)に言えば、「大摩邇」は私には一目で邪神のサイトだと判ります。勿論、真実の情報は沢山あります。
「幻の桜」は、霊感があるというだけでスピリチュアルにはあまり評価出来ません。
 
 とは言え、私はスピリチュアリズムの本質を知る者として、他人の自由意志による選択を尊重します。悪も御役、間違うのも学びです。私だって例外ではありえません。
ですから、一応批判はしますが、憎しみ、攻撃、非難といったものではありません。私の指摘を参考にするも可、受け容れざるも可。
ただ、一切見て見ぬ振りをするのは愛無き者のすることで、宇宙人や高級霊もそんなことはしません。 


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。