スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬至のメッセージ

 12月22日は19年ぶりに新月(朔)と冬至が重なる朔旦冬至だったそうです。(旦は朝)
オレンジャーの昨日の記事を見て、その日、自分は何を書いていたのかと思ったら「人生の課題」でした。(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-747.html
 その前書きに、
“「地上は魂のトレーニングセンター」というシルバー・バーチの訓えはオレンジャーとも共通しています。
カルマの法則もそのことと深く関わっています。下記の記事の行間を読めば明白です。
カルマが存在しないと考えることは、何故この世が存在するかという根本を見失うことに通じます。”
 とあります。
確かに、これが、私の今生のメインテーマなのかも知れません。(他の人は他の人)
そう考えれば、コブラの「カルマという概念はアルコンのプログラム」という一語から始まった一連の出来事も、その背景が理解出来ます。


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 冬至のメッセージ       2014-12-28
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11969906041.html

 俺はオレンジャー!
先日の冬至、かなりのエネルギーが降り注いていたが、お気付きだろうか?
人によってはメッセージやビジョンを受取っていることだろう。

 大きな転換期にある今、人其々に役割があって、それに気付いて動くことが今まさに求められている。
こんなの単なる妄想だとか、偶然だといって切捨てないで欲しい。
そのメッセージが世界を変えることになるのかも知れないよ。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。