スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴開き雲

「カラパイア」
UFO? ケムトレイル? 驚異の気象現象に話題沸騰。ぽっかりと開いた穴あき雲の真ん中に虹が! (オーストラリア)    2014年11月05日
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52177232.html

穴開き雲2

 11月3日の午後1:00頃、オーストラリア、ビクトリア州東部ギプスランドエリアの上空では奇妙な気象現象が発生していたそうだ。
ぽっかりとそこだけ切り取られたような穴あき雲(ホールパンチ雲)の中央に虹がはめ込まれていた。

 ソーシャルメディアには次々と写真が投稿され、UFOか? ケムトレイルか? と話題となっていた。

 なんとも幻想的で神秘的な雲だが、オーストラリアの気象観測協会によると、これはケムトレイルとかではなく、UFOとかでもなく、一般的な穴あき雲であるとのこと。

 穴あき雲は上空が氷点下でも凍らない過冷却水滴という雲粒を持つ巻積雲や高積雲で出来ている。
それらの雲より高い位置にある雲から氷の結晶が落ちてきたり、飛行機が通過したりすると、氷の結晶が発生する。
氷の結晶は周りの水蒸気を一気に引き付けて行き、成長して重くなって落下する。
落下した氷の結晶は蒸発して消えてしまうので、まるでそこだけ雲に穴が開いたようになるのだそうだ。

 虹は穴あき雲の中に集まった水蒸気が太陽に反射して出来上がったようだね。
それにしても凄い。一度で良いから見てみたい。


関連記事

テーマ : 不思議な出来事
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。