スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ磁場の分杭峠

 今朝は、車やソーラーのガラス面に氷が着き、屋外に置いていたバケツの水の表面も薄く結氷しました。
空は雲一つありませんが、真っ青ではなく、寒々しいくすんだ青です。昨日は穏やかな秋晴れではなく、強い風が吹いていました。
山は未だ紅葉の真っ盛りですが、岩手の冬は駆け足で近付いています。


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 ゼロ磁場について      2013-04-14
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11511307166.html

 おれはオレンジャー! 今日はゼロ磁場について話をしよう。
日本で一番強いゼロ磁場地帯は分杭峠といわれる所だ。

画像: (http://ameblo.jp/oranger13/image-11511307166-12500273554.html

 かなり山奥で、車がやっと一台通ることが出来るような道をずっと行くと、突然開けた場所に十数台が停れる駐車場があり、そこから歩いて10分程で林の中にある木製ベンチの所に辿り着く。

画像: (http://ameblo.jp/oranger13/image-11511307166-12500273552.html

 この場所で人は目に見えないエネルギーを感じて、様々なヒーリング効果を得る事が出来るのだが、実はこの分杭峠、もっと奥にある沢の方がエネルギーレベルが高い。
以前は簡単に入ることが出来たのだが、沢に行く途中の崖が崩れてしまっていて、今は立入り禁止の状態だ。
 
画像: (http://ameblo.jp/oranger13/image-11511307166-12500273553.html

 さて、このゼロ磁場、どういう所なのだろうか?
実際にこの場所に何も磁場がないという事ではなく実は強力な磁場が複数存在し、その正位相と逆位相の波によって其々の位相を打消し合っている所だ。
 何もないゼロではなく、+100と-100が打消し合って見た目ゼロという数値になっているというのが解り易いだろう。
当然だが、それだけの強力な波動が存在しているので、そこに存在しているエネルギーはとても大きく、また三次元の波の影響を受けることがないために、ゼロ磁場地域には上の次元からのエネルギーが降りて来易いという特徴がある。

 ま、頭や文字で理解するよりも、先ずは現地に行って体感した方が良いだろう。
温泉に浸かった時のような様々な効果がカラダに現れるから、きっとそのエネルギーを感じることが出来るだろう。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。