スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼製物置の組立て

 モンスター級(と噂される)台風19号は11日現在、未だ沖縄の南海上にあり、当地には何の影響もありません。
鋼製物置を解体して持帰った8日から9日、10日とすっきりした秋空が続き、組立ては昨日で無事終了しました。今日も良い天気です。

作業の要点

1.最初のブロック土台を単管と水準器を使って設計図どおり完全に水平に並べること。

2.床枠と床パネルを先に組み、床パネルを固定するボルトが無理なく入るまで徹底的に微調整すること。ここが一番大事。

3.このクラスの物置を一人で解体、組立て出来るためには高さが手頃であること。
これ以上高いと床、壁以外は何をするにも脚立や三脚の上でしなければならず、一人での作業が著しく困難になる。


PA090451 基礎工事をしっかりすること。ブロックは高さ12cm(クリックして拡大)PA090451.jpg


PA090452 ここが一番大事(クリックして拡大)
PA090452.jpg


PA090453 一日目はここまで(クリックして拡大)
PA090453.jpg


PA090454 二日で組立て終り(クリックして拡大) 後、床にコンパネを敷き詰めて完成
PA100454.jpg


関連記事

テーマ : 今日のできごと
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。