スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森繁久彌の朗読と歌


覇王の夢(独眼竜政宗)
奥州の覇者
画像転載元: (http://www14.atpages.jp/ruisiyouki/tiyo014o3.htm


「千曲川旅情の歌」朗読と「荒城の月」

動画転載元: (https://www.youtube.com/watch?v=CZZJq2ddvbY

     荒城の月 
            土井晩翠 作詞
            瀧廉太郎 作曲

   いま荒城のよはの月
   変らぬ光たがためぞ
   垣に残るはただかづら
   松に歌ふはただあらし

   天上影は変らねど
   栄枯は移る世の姿
   写さんとてか今もなほ
   嗚呼荒城のよはの月


関連記事

テーマ : ノスタルジック
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。