スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒城の月

 今夜は中秋の名月です。もう秋ですね。昨夜も月を見に外へ出ると肌寒さを感じました。
(音楽と絵が揃った良い動画が見つからないので、下記の歌詞を追うか、瞑目して聞いて下さい。3本目は画像が少し気に入りました)

・ 「荒城の月」 Hiro and Akiko


動画転載元: (https://www.youtube.com/watch?v=wHA91JOGbIg

     荒城の月 
            土井晩翠 作詞
            瀧廉太郎 作曲

   春高楼の花の宴
   めぐる盃かげさして
   千代の松が枝わけいでし
   むかしの光いまいづこ

   秋陣営の霜の色
   鳴きゆく雁の数見せて
   植うるつるぎに照りそひし
   むかしの光いまいづこ

   いま荒城のよはの月
   変らぬ光たがためぞ
   垣に残るはただかづら
   松に歌ふはただあらし

   天上影は変らねど
   栄枯は移る世の姿
   写さんとてか今もなほ
   嗚呼荒城のよはの月


・ 「荒城の月」 尺八(+ギター) 櫻井正隆


動画転載元: (https://www.youtube.com/watch?v=QcdyNqCiRUk


「荒城の月」と日本の城 (フルート・琴) Ren


動画転載元: (https://www.youtube.com/watch?v=5vm3BEog_Ls


関連記事

テーマ : 癒しアイテム
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。