スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨が降る

 外は音も無く静かに雨が葉っぱを濡らしています。遠い昔の記憶・・・。

 
歌唱動画転載元: (http://ojcry.com/?p=415

       雨 

 雨がふります。雨がふる。
 遊びにゆきたし、傘はなし、
 紅緒の木靴(かっこ)も緒が切れた。
 
 雨がふります。雨がふる。
 いやでもお家で遊びませう、
 千代紙折りませう、たたみませう。
 
 雨がふります。雨がふる。
 けんけん小雉子(こきじ)が今啼いた、
 小雉子も寒かろ、寂しかろ。
 
 雨がふります。雨がふる。
 お人形寝かせどまだ止まぬ。
 お線香花火もみな焚いた。
 
 雨がふります。雨がふる。
 昼もふるふる。夜もふる。
 雨がふります。雨がふる。

 (作詞: 北原白秋 作曲: 弘田龍太郎)


関連記事

テーマ : 癒しアイテム
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。