スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィセント ギリェム 「攻撃性」(2)

ヴィセント ギリェム 『魂の法則』  より抜粋
http://www.uv.es/vguillem/Tamashii_no_Housoku.pdf

攻撃欲
 攻撃欲の分野には、憎悪・恨み・憤り・怒り・無力感・罪悪感など、自他を問わず痛めつけ傷つけたいという衝動と関連した全ての「エゴ的感情」が含まれる。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
ギリェム: 攻撃欲はどう乗越えるのですか。

イザヤ: 先ず自分にそれがあることを認め、次に理解によって克服しようとするのだ。

ギリェム: 何を理解しないといけないのですか。

イザヤ: 自分自身を理解し、他者を理解し、直面する状況を理解する。
自分が間違っていると認めるのが嫌で、自分自身の利己的な態度を認めたくないがために、怒ってしまう場合があると理解すること。
また、自分の意見を抑圧するために攻撃的になるのであれば、在るがままに自分を表現するように努めるのだ。
 誰かに傷付けられてそうなるのであれば、それは相手の魂の成長が足りず、愛の認識に関して殆んど進化出来ていないためなのだと理解すべきだ。
かつては自分も同じように霊的に無知な状態で、今されたことと同じことを人にしていたのかも知れないと気づきなさい。
自分の利己的な行為が理解されることを期待するのなら、他者の利己的な行為に関しても寛容な態度を取らなくてはならないと理解すべきなのだ。

 我々が直面する逆境の多くは、我々に嫌がらせをするために出現したのではなく、愛の学習と我欲の克服を促進させるためのもので、その多くは生れる前に自分自身で選んだものなのだと理解するのだ。
そして大半を占めるその他のものは、自分の頑固さ・不寛容・羨望や、他者の欲求や意見を尊重・理解しなかったために、我々自身が招いてしまったものなのだ。


ギリェム: 攻撃欲が触発されてしまった場合に、誰にも迷惑をかけずに不快感から解放されるにはどうしたら良いでしょうか。

イザヤ: 他者を傷付けずに不快感を解放する、いい発散方法がある。
それは、どう感じているかを言表すということで、自分に湧起った感情を認めて、そうなった理由を述べるのだ。
聞き手は、傷付けないように当事者以外の穏やかな人が好ましく、攻撃欲には簡単に屈しない信頼出来る人でなければならない。
 不快感を表現するだけで、攻撃欲から生じた不快が和らいでかなり楽になる気がするし、もっと冷静に理性的になれる。
その後で更に落着けば、喧嘩をした人との話合いを試みて、解決策を模索することが可能だ。
 しかし、それには時と方法を選ばねばならず、怒りや激情で爆発しそうな時は、絶対に避けねばならない。
そうなってしまえば、自分が受けたのと同等かそれ以上の苦痛を相手に与えて、大いに傷付けてしまうかも知れないからだ。


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。