スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィセント・ギリェムの『魂の法則』 

「zeraniumのブログ」
「平和のために戦争が必要」とする嘘と矛盾  2014年7月23日(水) 
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-990f.html

『魂の法則』 ヴィセント・ギリェム 著/小坂真理 訳/ナチュラルスピリット 刊(2014.7.2 発行) より〔抜粋〕

Q: 死後の霊的な世界に、悔い改めたり、やり直したりする機会が無数にあるということですが、ではキリスト教の教義が教える、罪人に対する永遠の刑罰や懲らしめの信念は何処から生まれたものでしょうか?

 永遠の懲罰の概念は、神聖な源から生れたものではない。
それは恐れによって人々を支配する為に考え出されたものであり、そのためにキリスト教会の聖職者達が導入した誤った教えの1つに過ぎない。
 他人の霊性をコントロールしようとすることで、人々を混乱させて愚かにさせ、それによって自分達の立場を固めたのだ。
地上に於ける十分苦境に満ちた人々の歩みに、彼等はより一層の苦悩を加えることに加担した。

Q: 殆んどの場合に於いて人々が、人生に於ける悲惨な出来事を一方的な強制と感じるのはどうしてでしょうか?

 それは生れる前に決めたことであるにも拘らず、魂は肉体に宿るとそうしたことを全て忘れてしまい、自らが決断したことではないと思ってしまう。
「魂の法則」を知らない者には理解出来ないことだが、進化の1歩を踏み出す決意をした多くの魂は、非常に困難な状況に自ら立ち向おうとする。

 故にそのことを理解出来ない多くの人々は、何も悪いことをしていない善人が運命の悪戯のような、悲惨で不幸な出来事の数々に見舞われるのを理解することが出来ない。
そして善人がそれほど苦しまねばならないことから、この宇宙には「真の裁き」など存在しないと結論づけてしまう。
 しかしあなた方にその魂の過去を見通すことが出来るとしたら、その訳を理解するだろう。
つまりそこで行なわれているのは、その魂が「魂の法則」を理解し始める前に行なってしまった、間違いの埋め合わせをしているということなのだ。

 だから、困難に立ち向かう人々がいることを喜びなさい。
何故なら第一に、その人達は更生しようと前向きに深く決心した魂であり、第二に、それほどの試練に直面することを選択した進んだレベルに達しているということで、自らの負債を集中的に清算することに成功する可能性があるからだ。

 しかし魂が出会う否定的な状況の全てが、過去の行為の結果であるとは限らない。
実際にはその多くが、今世の行為の直接的な結果である。
また自分が転生した惑星の進化レベルに特有のものもある。
つまり、負債がない場合であっても、惑星特有の逆境を経験する可能性があるということで、それは頻繁に起きていることだ。
しかしそうするかどうかは、魂が自由に選択する。

 魂は、苦しいのを楽しむ為にそのような道を選択する訳ではない。
このような選択は進化した魂に特有のものであり、後進の同胞達を助ける為に転生して人々を導こうとする愛のある行為なのだ。
そして同時に、自分自身も更に早い進歩を遂げることが出来る。
何故なら、後進の者達の恩知らずな行為と不正の多くに耐えなければならないからで、無条件の愛の能力が試されるよい機会となるからだ。

Q: 確かに逆境は進化の役に立つでしょうが、しかし実際には今の世界は余りにも不平等で非人道的な耐え難い、餓餓や貧困、戦争などの許せない状況があります。
しかし人類のこのような未来を変える為に、善良で非常に高い能力を持つとされる存在達は、何かをしてくれているとは思えませんが、それは何故なのですか?

 確かに非人道的で許し難いことは多いが、それらのことは地球に転生した魂達が生み出したものであり、それを自覚して地上から撲滅する努力をするのは、その責任があってそうすることの出来る人間自身でなければならない。
 既に述べたように、霊的な進歩とは何の強制も強要もされず、本人の自由意志と努力で決断されて内面的に取り入れられた場合にだけ起きる。
これが「自由意志の法則」であり、進化した魂達に尊重されている「魂の法則」である。
このことが、高次元の存在達が地球上の不正を改善しようとしない理由である。

 例えば、ある問題を解決する為に、あなた方の世界に全能の力を持つ存在が現れたとしよう。
しかし彼の決断が(例えば富を互いに分け合うとするものだったとして)、それが常に全ての者の意向に沿う訳ではなく、むしろ自分達が要請していた救世主ではなかったとする地上の者は、彼の出現によって今度は自分達の利益が奪われたと文句を言うだろう。
 つまり、あなた方の世界には、エゴを放棄する覚悟のある人や、自分のものだと思っている物を、それを持たない人々と分ち合うことの出来る人々も殆んどいないので、どのような決定であったとしても、損をしたと思う不平分子は常に存在するのだ。

 その故に人間には、物質世界で思う存分自由意志を使う経験をさせ、自分が招いた状況に向き合うことで気づかせ、それに対処させるのである。
つまり苦しみは自らのエゴが生み出したものであり、このエゴが人類の心に「君臨」する限り、戦争も飢餓も貧困、不正もなくなることはない、という結論に自らが独りで達しなければならない。
すべての災いを根絶する唯一の方法は、一人一人の心からエゴを一掃することであるが、そのエゴの毒を解毒できるのは、「愛」だけなのだ。

 腕組みをしながら、救済者がやって来るのを待っていてはいけない。
行動しなさい。そうすれば助けが得られる。
「愛と自由意志の法則」を尊重する高次元の魂達は、何時でもあなた方を陰から応援する為に側に居る。
 しかしあなた方の意に反して助けることは出来ず、先ずあなた方自身の意思で率先して行なわなければならない。
それは川に落ちてしまった者が助けを求めていながら、自ら助かろうと浮かぶ努力すらしないようなものである。

 自分の運命の流れを変えるのは、あなた方自身である。
決断すると、その力が出て来る。
しかしそうではなく、間違いを犯して大変な状況になる度に、父親が助けに来てくれるとしたら、一体どのようにして進歩出来るというのだろうか?
学ぶ為には、自分が自ら決断することで起した効果を経験する必要があり、自ら自由に行動することで、どの道を採るかを決めることでなくてはならない。

Q: さらに進化している世界から、高次元の霊性を示す為に人を送っては貰えないのですか?

 何度も繰り返しているように、そうしたいとは思っていても、あなた方の自由意志に干渉することは出来ない。
進化した物質界に存在する者達は、進歩の劣る世界との合意と同意なしには、その世界の発展に集団として干渉することが出来ないのである。
 その為に大編成のUFOで軍隊を上陸させたりしない目立たない方法で、高次元の人が地球に転生して来ることで手本を示して援助する。
そうすることで高度なテクノロジーの魔法に幻惑されることなく、考え方や感じ方などを通して彼等の教えを受け入れることが出来る。

 もし彼等のテクノロジーで圧倒して来るようなケースの場合、それは「自由意志の法則」を尊重しない文明であるので、地球の人々はその高度な文明に依存するようになり、終には破壊的な結果が齎されることになるだろう。
 つまり自主努力によって得た成果でないものは簡単に忘れ去られることから、自分達で達成出来たと思われた革新も、彼等が立去れば忽ち崩壊してしまうだろう。

Q: もっと大きな災いを避けたり、平和や民主主義を守る為には戦争も仕方がない、と戦争を正当化する人達がいますが、それについてどう思いますか?

 もし本当に平和や自由を愛するならば、自分が主張することと反対のことをしてはならないだろう。
つまり、目的に対して手段が矛盾するのであれば、その人は嘘吐きか偽善者なのだ。
 手段は求める目的と合致しているべきで、目的によってその手段が正当化されることなど有り得ない。
戦争によって平和は実現出来ないし、強制によって自由が手に入ったり、不正によって正義を得ることも不可能である。

Q: でも大部分の人々は平和に暮すことを望んでいるのに、一部の権力者達が戦争を決めてしまうじゃないですか?

 それなら、なぜあなた方が望むことと反対のことをする者達に権力を渡すのか?
あなた方の世界の邪悪な支配者達が、国民を戦争に招集したとしても、銃を取る者も他者に強要する者も誰1人おらず、武器を製造する者も誰もいないとしたら、彼等が如何に邪悪であろうと何も出来ない筈である。

 しかしそれが可能だということは、それはあなた方のエゴが動かされて唆されてしまうからだ。
自分は他の者達の殉教者だと納得させられるので、羊は屠殺所に連れて行かれる。
つまりこれは、自分が同類である人間の命を奪う権利があると信じることから、他人も自分の命を奪う権利がある、と納得させられてしまう者の問題なのである。


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。