スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAP論文、ネイチャーが撤回意向

goo ニュース
<STAP細胞>ネイチャーが論文撤回へ 研究成果白紙に
   2014年6月30日(月)12:16         (毎日新聞)
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20140630k0000e040147000c.html

 STAP細胞の論文不正問題で、英科学誌ネイチャーが関連論文2本を撤回する見通しであることが、複数の関係者への取材で分った。
小保方(おぼかた)晴子・理化学研究所研究ユニットリーダーを始めとする著者達は撤回に同意していた。
「生物学の常識を覆す成果」として世界の注目を集めた研究成果が、発表から5カ月余りで科学的根拠を失う事になる。

 論文が撤回されると、その研究成果は白紙となる。
但し、出版社や公的な科学論文のデータベースからは削除されず、撤回時期や理由と共に公開され続ける。
このため、論文撤回は研究者にとって避けたい不名誉な対応とされる。

 今年1月30日号のネイチャーに掲載された論文は、STAP細胞の作製方法などを示した主論文「アーティクル」と、STAP細胞から作った幹細胞の性質などを分析した論文「レター」の2本。
 理研調査委員会は4月1日、アーティクルの二つの画像に捏造(ねつぞう)や改竄の不正があったと発表し、理研が小保方氏等著者に撤回を勧告していた。

 レターについては理研の調査で不正認定をされなかったが、科学者の間で複数の疑義が浮上。
レターの責任著者の若山照彦・山梨大教授が撤回を呼び掛け、全著者が同意した。
外部識者による理研改革委員会はレターの徹底調査を求める提言を纏めているが、理研側は調査する意向は示していない。

 一方、STAP細胞が存在したのかどうかを確認するため、理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)は現在、STAP細胞の検証実験を小保方氏の助言を受けながら進めている。
今夏に中間報告をする予定。
また、小保方氏等今回の論文発表に係わった関係者の処分については、理研懲戒委員会が検討を続けている。【八田浩輔、須田桃子】


goo ニュース
ネイチャー、STAP論文撤回へ 小保方氏代理人「集団的なリンチ状況」
      2014年6月30日(月)14:13       (産経新聞)
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20140630525.html

 新型万能細胞とされる「STAP(スタップ)細胞」の論文不正問題で、英科学誌ネイチャーがSTAP細胞の論文を撤回する見通しであるとの一部報道について、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーの代理人の三木秀夫弁護士は30日、「どうこう申し上げるつもりはない」と述べ、事実関係など詳しい説明を避けた。

 大阪市内で報道陣の取材に応じた。

 一方で三木弁護士は、「彼女が置かれている状況は3月以来、ますます集団的なリンチ状況まで来ている。
きっちりと証明の場に移して行きたい」とも述べ、STAP細胞の存在に懐疑的な見方が相次いでいる状況を批判。
改めて小保方氏が検証実験に早期に参加する事を希望した。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。