スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核戦争で滅んだ惑星マルドゥク

 昨日(2014年6月1日)、宇宙人オレンジャーのメッセージに出て来た「マルドゥク」に関して、オレンジャーの詳しい過去記事がありました。
チャネリング・メッセージや、コブラ情報とは、かなり違和感のあることが書かれています。(例えば、コブラの“現在、核兵器は光の勢力によって無力化されている”という話との矛盾等)
 むしろ、小さな宇宙人アミの話と整合性があります。
但し、アミの話では単に観察するだけではなく、大きな地震を弱くしたりする等、最小限の介入はされているそうですが。
 どちらの方が信憑性があるかと言えば、私はアミやオレンジャーの方だと思います。


1.宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 隕石落下に隠された意味
   2013-02-20
http://ameblo.jp/oranger13/day-20130220.html

 俺はオレンジャー!

 今日は隕石の話をしよう!
先日、ロシアに隕石が落ちて、すごいニュースになったな。
あの出来事には色々な意味が隠されているんだが、取急ぎ、今日はあの隕石が何処から来たかという話をしよう。

 あの隕石は、火星と木星の間に存在しているアストロイドベルトという小惑星群で生れたものだ。
あの重力圏から離脱した一つのかけらが、そのまま地球に流れ着いたと考えて貰ってほぼ良いだろう。

 実際には、あの隕石にはとある物が載っていたし、また隕石を地球に落す事によって人類に対するあるメッセージを届けるという様々な役割を担っていたのだが、あまり詳しい話は出来ないので、ちょっとだけ古い話をしたい。

 アストロイドベルトにある小惑星群は、実は元々地球のような美しい惑星が爆発したかけらなんだ。
その惑星とは、マルドゥクと呼ばれていた星。
今から2300年前に、残念なことに核戦争によって、自らの星を消滅させてしまったんだよ。

 その星には約50億もの魂が存在していたが、全て星の爆発と共に宇宙に放り出されてしまった。
その魂を慈愛溢れる心で優しく受け止めてくれたのが、テラ、即ち地球なんだ。
 惑星がサポート出来る魂の数は凡そ50億。
今の地球の人口は既に50億を超えているだろう。
地球という存在が凄い無理をしてでも、そうした魂の受入れをしてくれているんだ。
これは宇宙全体で見ても凄い事なんだ。

 今回の隕石は、当にそのマルドゥクの欠片(かけら)そのもの。
地球に解り易い形で落ちる事で、警鐘を鳴らしているんだ。
地球がマルドゥクのようにならない為に、是非頑張って欲しい!

 今日はこんなところだ。 じゃ。


2.宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 宇宙人観光ツアー
  2014-06-01
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11867820548.html
 
 俺はオレンジャー!

 今日は宇宙人の観光ツアーについて少々話をしよう。
今、地球上では様々な宇宙的実験が行われていてその観察の為に多くの星系から宇宙人達が地球に飛来して来ている。

 地球は今、大きな分岐点に差掛かって来ており、繁栄のシナリオも滅亡のシナリオも両方握ったまま前進している状態だ。
宇宙のルールによって、宇宙人達は優れた知識や経験を持っているにも拘らず、地球に(直接)干渉する事は出来ない
 それは、地球にいる存在達の成長機会を奪ってしまう事になり、その代償は彼等自身に大きく降り掛かる事になる事
(註: カルマの法則)を良く知っているからだ。

 ただ、影響を与えない範囲で観察をする事は出来る。
全宇宙的に非常に珍しいこの局面を一目見たいという事で、沢山の地球観察ツアーが組まれている。
その為、近年多くのUFOが地球各地で目撃されているんだ。
 また、宇宙人達の興味度が凄く高い場合には、地球人としての転生を選んで生れて来ている人もいる。
夢などで明らかに地球ではない映像を見ている人などはそのような種類の存在かも知れない。

 地球は既に惑星のサポート上限である50億人を超えてしまっている。
以前、こちらのブログでも紹介したが、火星と木星の間にあった、マルドゥクの魂を救っている(註: マルドゥクを滅ぼしたカルマの清算か。広島・長崎の被爆者や平和運動家等?)のがその大きな要因だが、この人口過多の関係で、今地球への転生は厳しく制限されているんだ。

 転生する時の条件として、全ての記憶が一時的に消されてしまう。
なので、本人は普通に地球人として生れて宇宙人である事を忘れてしまっている事が多いが、自らが決めたあるプロットしたポイントでその記憶の一部が呼起されたり、ある音や映像によってそうした覚醒体験を得る事があったりする。

 また、記憶を持ったまま現存する地球人の魂と交渉してその肉体にそのまま入り込んでしまう存在もいる。
ウォークインと呼ばれる存在達だが、ウォークインされると少しではあるが、外見が変化してしまう。

 明らかに口の大きさや位置がずれていたり(註: 確かにいますね。俳優や政治家にも)、耳の形がおかしかったり、目の焦点が人間と異なっていたり(註: 斜視等?)とその変化の状態は様々だが、よく観察しているとそうした人が周りに少しずつ増えているのが分るだろう。

 電車の中とかで時間があったらゆっくり観察して欲しい。
偶(たま)にそうした存在がいる。
オーラが見える人であれば、そのオーラの特徴を見ているだけできっと判別出来る事だろう。

 沢山の宇宙人が来ている今の地球がこれからどう進化して行くのか、それは君達の意識に掛っている事をもう一度お伝えして置きたい。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : 考察
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。