スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コブラのフリーエネルギー機器

 4月29日付コブラメッセージ「Stand up ― 最後の抵抗」を読んでの感想です。

 このメッセージによると、イベントが難航している責任はアルコン達とエーテル界の手先共、及び協力しなかった人々にあり、“不平を言う代りに、何でも良いですから、あなたの力を惑星解放を助ける為に発揮して下さい。一つ一つの小さな行動が、少しでもイベントを引寄せる為に役立ちます。”と要請しています。
 コブラ自身の責任に就いては、“物理的プレーンではイベントの準備が調っているという私の見解は、ほんの少し甘かったです。”と、ちょっぴり認めています。
結局、この調子でズルズルと引延ばし、2015年に起るかも知れない物理的な地球の大変動に突入するのではないでしょうか。

 イベントが起きなければ全員アセンションも怪しくなります。
“光の部屋”は始めから詐欺臭いと思っていましたが、イベントまで詐欺ならもう希望はありません。(未だ決った訳ではありませんが)
 厳しくとも、大本日月流の身魂磨き(霊性の向上)に努力して一定のレベル以上に到達した者だけがミロクの世の住人に合格するというのが真の公平であり、神の法則に適っています。 

 ここでは、理系の私が注目していた「コブラのフリーエネルギー機器」について、これまでの経緯を纏めて置きます。
こちらも当初の勢いは尻すぼみになる気配が出て来ました。
もしかしたら、この一連の動きの中で真のフリーエネルギー関係者は罠に掛った可能性もあります。
 4月の終りにベンジャミン・Fの許に届けられる約束だそうですが、どうなるか注目していましょう。


1.2014/03/12
http://nowcreation.jimdo.com/2014/03/12/3月12日付-隔離された地球-エンドゲーム/
 
 プロセスを速める為に、光の勢力は私に「ディスクロージャーのツボを押す」よう要請して来ました。
私は二つのツボの内、最初の一つを押しました。

 一番目のツボです。
私は非常に強力且つポジティブなグループと連絡を取っています。
そのグループには、かなりの資本力と製造基盤があり、人類がフリーエネルギー装置を入手出来るよう、大量生産を開始する戦略プランを持っています。
 彼等は、オーバーユニティー装置(overunity 出力過多、超効率発電機)に取組んでいる開発者を探しており、早く大量生産体制に入れる装置を望んでいます。
利益よりも地球の開放を優先する高潔な士であると共に、カバールを恐れず、規模設定が柔軟で容易に複製できる試作品を持っている開発者は、私にご連絡下さい。(cobraresistance@gmail.com

2.2014/04/05
http://nowcreation.jimdo.com/2014/04/05/日本及び台湾-ポータルコンファレンスの報告/

 台湾のコンファレンスでは、フィックス・ザ・ワールド・チームが、稼動しているQEGオーバーユニティー装置のデモ用ビデオを見せてくれました。
 コンファレンスの後、私達は台湾のQEG生産施設を訪問しました。
丁度そのチームがQEGの芯の部分を組み立て始めた所でした。
 2、3日して、彼等はそこから既に電力を得ています。
https://www.youtube.com/watch?v=W5IdtaqNFBs&feature=youtu.be

 ここからフィックス・ザ・ワールド・チームへの支援金をお送り頂けます。
http://www.gofundme.com/hopegirlfixtheworldqeg

 自分でQEGを作りたければ、ここがQEGのメインネットワークハブです。
http://be-do.com/index.php/en/

 このウェブサイトには、QEGの全製造過程について詳細な情報があり、QEGを作っている他のグループとも繋がる事が出来ます。

3.2014/04/08
http://blog.livedoor.jp/turuhageoyaji/archives/2014-04-08.html
 
 コブラレジスタンスとして知られるグループのメンバーが、東京の白龍会の代表に会うために最近台湾を訪れた。
先週、彼らはスカイプを通して筆者と接触し、台湾でのフリーエネルギー機器の大量生産のビデオを見た。
 それらは現在、黒字の石油企業が取引出来る以上の、2万を超える団体で製造されていると、彼等は話した。
彼等は、今月の終りに、それを筆者に届けると約束した。
 約束通りそれが我家の家電製品を動かせば、私は全ての日本の大手製造メーカーにそれを持って行くつもりだ。
もしこの事が実現すれば、世界経済の抜本的なパラダイムに変化が起り、オイルダラーは確実に破綻するだろう。

4.2014/04/20
http://nowcreation.jimdo.com/2014/04/20/アレクサンドラのコブラインタビュー-後半/
 ― オーバーユニティー装置の開発、製造、分配は大きな勝利である。
意味深いことである。QEG発電機もそうだし、他にも勿論沢山のテクノロジーがある。

5.2014/04/30
http://nowcreation.jimdo.com/2014/04/30/stand-up-最後の抵抗/
 QEGテクノロジーも、容易く複製出来る迄には至っていないようです。
それでも原型の開発は前に進んでいます。
 このテクノロジーを早く人類に齎す為に、フィックス・ザ・ワールド・チーム及び装置開発に従事している全てのグループが、可能な限りのサポートを必要としています。
http://sitsshow.blogspot.gr/2014/04/status-of-qeg-build-morocco-build-day-1.html


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。