スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルマはアルコンのプログラム?

 2014年4月13日、コブラはアレクサンドラのインタビューの中で気になる発言をしています。以下がその問題部分です。

引用元: 「一厘の仕組」
アレクサンドラのコブラインタビュー(2014.04.13 後半)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-403.html

“アレクサンドラ: 彼は又、闇の勢力は報いを受ける事になる、それは二番目の死だけでは済まない、と述べています。コメントを聞かせて下さい。

コブラ: 彼等は自分の取った行動の結果をバランスさせなければなりません。どの道、彼等は自分のした事に直面して、処理しなければならなくなります。

アレクサンドラ: あなたはカルマがまだ存在していると認めているのですか。それとも、人生で溜め込んで来たものを解き放つという事なのですか?

コブラ: カルマという概念はアルコンのプログラムです。ですから私達には負債が溜っている訳ではありません。
お解りの通り、金融システムが同じような仕組みですよね。
それもまたアルコンのプログラミングで、カルマのシステムと同じです。
エネルギーの金融システムと言えるでしょう。
 もしあなたがそれを積重ねているとしたら、それはあなたがあるやり方で振舞うよう、あるシステムを訓練されて来たからです。
あなたが真の自己と繋がれば、そのようなものは全て手放す事が出来ます
学ぶべきレッスンなんて何にもないし、全てを手放して誰にも負債がないという事が分ります。


 先ず、最初の、
彼等は自分の取った行動の結果をバランスさせなければなりません。どの道、彼等は自分のした事に直面して、処理しなければならなくなります。
はカルマの法則そのものであって、問題はありません。
ところが、それに対してアレクサンドラは、
あなたはカルマがまだ存在していると認めているのですか?
と反問しています。
まるで、カルマはもう存在していないと信じているかのようです。冗談でしょ!?
 それに続けて、
“それとも、人生で溜め込んで来たものを解き放つという事なのですか? ”
と言っているのは、最近のチャネリング・メッセージで“カルマを手放せ! 手放せ! ”と言っている事を受けているのでしょう。
 お言葉ですが、カルマは、そう簡単に手放せるものでもないし、手放せば即無くなるものでもありません。
それでもアレクサンドラはただのインタビュアーですから、まぁ良いとしましょう。
 問題は、それに対するコブラの返答です。
カルマという概念はアルコンのプログラムです。ですから私達には負債が溜っている訳ではありません。
 一見するとギクリとするような表現ですが、これは「カルマの法則」のことを言っているのではなく、カルマそのものの事を言っているので一応、容認出来ます。問題はその後です。

お解りの通り、金融システムが同じような仕組みですよね。
それも又アルコンのプログラミングで、カルマのシステムと同じです。


 つまり、カバールが創った金融システムが負債を作ったのだから、その金融システムを無くすれば負債は消える。
カルマも同様だと言っているのです。
 それはおかしい。カルマの負債は確かにアルコンやカバールによって作らされた面がありますが、自分の中に悪に感応するものが無ければカルマの負債は出来なかった筈です。
カルマの負債を償う事によって、神の子を教育し、鍛え、篩い分ける神の仕組が「カルマの法則」です。
 悪は「神の御用」としてそのお手伝いをしているだけです。
誰の所為であれ、自分が犯した罪は一分一厘の狂いも無く償わなければならない。そう、私達は訓えられて来ました。
コブラがシルバー・バーチや日月の神様より偉いとは思えませんので、これはコブラの明白な間違いだと思います。

あなたが真の自己と繋がれば、そのようなものは全て手放す事が出来ます。学ぶべきレッスンなんて何にもないし、全てを手放して誰にも負債がないという事が分ります。

 というのも半分本当ですが、人が“全てのカルマを脱し、二度とカルマを生ずる事なし”という段階迄進化するのは、遥か先の話です。
それに、カルマを脱しても学ぶべきレッスンなんて何にもないとは何事でしょうか。
人は幾ら高いレベルに到達しても創造神のレベルに至るには永遠の学びが必要な筈です。
 これもコブラの明白な間違いだと思います。

 これに関連して、ネットを検索中、次の記事を発見しました。
全く冗談じゃない。正統的なスピリチュアリズムを真面目に学んだ人がこれを読んだら激怒するでしょう。
こういう宇宙の法を無視するような話は、アミシリーズや田村珠芳の宇宙人シリーズにも出て来ません。
(コブラを全面否定する訳ではありませんが、全面的に信用する事は出来ない事も確かです)

参考記事:
「太陽の架け橋」  カルマの仕組み〜忘却のベール 
    2014-03-04 05:32
http://solesoleil.exblog.jp/21769046

 昨日のPrepare for Changeの集まりで話題になった『カルマと契約書の解除』の事を少しお話します。

 このシステムは人類を操って来たアルコン/ネガティブな宇宙生命体によって仕組まれたものだという事が、2、3年前辺りに、コブラのブログより発信されましたね。

 私も仏教を学んで来たので、カルマの法はしっかり教わりました。
しかし、その後スピのグループに参加した時、この『カルマと契約書の解除』を奨励され、素直にさらっとやりました。

 また、シータヒーリングというヒーリングセラピーのテクニックは、これに似ていて、細胞に刻まれている約束/コードを解消し、他の希望するコードに入替えるというセッションも受けました。

 Prepare for Changeグループで、再度、コブラ氏のサポートをして来たというフランス人の若者を中心にこの事が話題になったので、こちらに投稿します。

 もし、まだ実践していない人がいたら是非『カルマと契約書の解除』をやって下さいね。
やり方は夫々の自分の言葉で良いのです。
生れる前にアルコン(カルマの神様)と交した契約:
例えば〜苦しむことで人生を学ぶとか、不幸の家族、男女関係で学ぶ、あるいは、過去の償いをするとか、分かっていても止められない、とか。自分の本当の能力が発揮できないなどなど、、、
(自分にパターンがあってなかなかそれを克服出来ない場合には、この契約が効いていると思って良いと思います)

「それら一切を、解除します」と紙に書いて、壁に貼っておきます。
人に依っては、毎日、寝る前に宣言する事も有効だと思います。
夫々の自分に適応している方法で行なうと良いようです。

 以下、コブラのブログを参考にご覧下さい。

転載元: 「ほんとうがいちばん」
再掲《忘却のベール》 地球上に転生している人間に対するプログラム/
寄稿: コブラ 2012/6/18
 作成日時: 2014/03/01 01:59
http://mizu888.at.webry.info/201403/article_2.html
  
 (本文省略)


関連記事

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

いつも拝見させて頂いております
私もカルマの法則は存在すると思います
自分の犯した過ち(カルマ)は自分に返って来て、その時人は気付き精神的に進歩して来たのではないでしょうか?もしカルマの法則が無ければメチャクチャな世の中になっていたと思います
アルコンがカルマをプログラミングしたと言うのなら、アルコンが自類にカルマを背負うように自類を洗脳(26000年)して来たのでは無いのでしょうか。

No title

こんにちは、私はコブラの内容が気に入ってます。
私的には闇の未知のテクノロジーから開放されて人間が本来あった能力が発揮出きるようになれば、全く違った社会が実現するのではないかと期待しています。
人が堕落しているのは闇の未知のテクノロジー影響で、これらは宇宙から来るポジティブなエネルギーをブロックしていて、それが解除されれば宇宙エネルギーが流入して使われていなかった人間の能力が開花して、様々な超能力が発揮できて、潜在意識にアクセスしてなんとか自分を変えようとするなどの努力も必要なくなるんだと思います。
カルマというのは闇の未知のテクノロジーの産物ということになるのではないかと思います。
人間の仕組みや役割が明確になれば皆で何をするべきかがわかって来るんだと思います。


プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。