FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コブラ・ポータル・コンファレンスの体験レポート

 このコブラ・コンファレンスに私は参加しませんでしたが、金子譲 (ゆずりん)氏のブログ
「We are all one」に感想のようなレポートがあるので転載させて頂きます。(金子氏は、このレポートを、ラミーコ、ハートのお二人にもメールで送ったようです)
このレポートの中で金子氏は、
“最後にコブラからの提案で、コンファレンスに集まったメンバーが中心になって、コブラの情報を伝える事や、集団瞑想を実践するグループを立上げようという事になりました。”
 と書いていますが、同じ参加者のハートさんは、「AAマイケル(大天使ミカエル)のファミリーよ、集れ~」という感じになっています。
「楽しいアセンション・次元上昇」のやまさんの作品ですら、
“藍染屋さんもファミリーですね~。国常立大神とか言っていらっしゃるけど、私はすごくマイケルを感じるの。ああ~、今度、丸森の工房にお邪魔しようかな~。でっかい作品があったら、ぜひ私の部屋に飾りたいデス。♪(*^ω^*)♪”
 等(など)と娼婦のような事を言い出す始末。(意地悪してすみません。「ハートのミニリング」の所です。後で削除しないように!)
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/faa870740b0b9fdd2208be5046fdc0b2
つまり、コブラを出汁(だし)にして自分の信者を集めた守城佐恵子の二の舞になりかねない雰囲気を感じるのです。
 私の感覚では、そのAAマイケルも間違いなく偽物です。
「AAマイケル(大天使ミカエル)」で検索して出て来る記事を読んで見ても、殆んど意味の無いものばかりです。
邪(よこしま)な低級霊(非物質的アルコン等)にとって、「自分は偉い、特別な人間だ」と思いたがっている人間を騙す事くらい簡単な事はありません。
 福岡のコンファレンス会場で彼女の携帯電話に現れた超常現象も多分、そうです。
冷静に考えれば、誰の悪戯か判らない筈です。
画像: (http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/29/88/f9e4e8e11eabb5fad522522f0286e358.jpg
 
 実は、これがスピ系の多少とも有能な人間が陥り易い最大の陥穽(落し穴)なのです。
本物の高級霊はこういう、人の自尊心を擽るようなことを絶対にしません。逆に、徹底した厳しい禊祓い(浄化)をして来ます。
 

参考記事:
「コブラ・ポータル・コンファレンス in 門司港」で劇的な意識の変化を体験
http://samadi.cocolog-nifty.com/sahasrara/2014/03/in-4ee3.html

 報告が少し遅くなりましたが、3月21〜23日のコブラ・ポータル・コンファレンスが終わりました。今、僕はとても穏やかな気分です。というのは、もう何にも不安に思う事が無くなってしまったからです。

 アセンション(人間の意識のシフトに伴う、世界の根源的な変化)は100%成就するし、失敗するなんて事は有り得ない。
唯一気にしといた方が良いのは、コブラの言う「イベント」が起った時に金融機関が完全にストップするだろうから(おそらく数日〜半月ぐらい)、その対策で現金を手元に置いておくなり、食料を備蓄するなりの対策をしておいたほうが良いかな、ということぐらい。
 それ以外はもう、ぜーんぶ手放して、あるがまま、なすがまま、流れにお任せでOK。何も心配する事はない。
勿論、もう放射能も心配いらない。むしろ、間もなく終るこの制限だらけの世界に別れを惜しんで、今の世界を存分に味わっておけばいい。
 何でこんな心境になったのか、自分でも良く解りません。
多分、色んな体験で下準備が出来て来て、最後にコブラに背中を押されたんでしょう。
まあ、四の五の言っても仕方ないやね、こうなっちゃったんだからw。
コンファレンスの内容は守秘義務契約があるので、具体的な事は何も書けないのですが、僕の感想を纏めてみたいと思います。

 初日は自己紹介と瞑想のウォーミングアップと、今何が起っているのか、この3日間で何をやるのか…と言ったイントロダクションの話で終了。
驚いたのは、二日目の午前中。コブラすげええええっっ!!!
今まで漠然と断片的に知っていたパズルのピースが、全部スッキリと繋がって全体像が見えて来た感じ。情報量が多すぎて頭パンクしそうではありましたが…。
 一言で言えば、イベント(闇勢力に支配された旧社会の終焉)へのプロセスが、銀河連合の鉄壁のサポートの下、如何に綿密な計画で推進されているか…その全体像が明らかにされた、という事でしょうか。

 僕自身はやはり3.11で放射能を避ける為に仕事も家も捨てて避難したという体験が大きく、時代の変化に伴う混乱、カタストロフィを恐れる気持ちが大きかったと思います。
 例えて言えば、今迄は谷に架けられた平均台ぐらいの細い橋を恐る恐る渡っていた感じで、新しい時代を志向しつつも、いつも「落ちるのではないか、失敗するのではないか」という恐れが付いて回っていました。
 しかし今はその平均台のような橋が、三車線ぐらいある高速道路に変った感じでしょうか(笑)。
これだけの綿密な計画、鉄壁のサポートで、しかも自分自身は原発事故のお陰で(?!)この世的、物質的な執着は殆んど卒業し、迷わず新時代を目指している状況で、失敗する事など有り得ない、このまま迷わず進んでいけば良いのだ…そうした確信が生れました。

 コブラ氏の指導は知識的な事ばかりではなく、コンファレンスの半分位は瞑想の実践です。
僕は瞑想と言うのはあまり得意でなかったので、今迄さほど経験がないのですが、今回は何度か時間が止ったような、思考が消え去ったような独特の感覚を味わうことが出来、今迄にない瞑想体験を得ることが出来ました。参加者の中には瞑想中に様々なものが見えたり、聞えたりと云う神秘体験をした方もいらしたみたいですね。

 最後にコブラからの提案で、コンファレンスに集まったメンバーが中心になって、コブラの情報を伝える事や、集団瞑想を実践するグループを立上げようという事になりました。
 今後福岡県を中心に活動し、僕も積極的に関わって行く事になると思います。
そして最後は全員でハグ大会になり、コンファレンスは終了しました。
自己紹介や感想などを述べ合う中で僕が感じた変化も皆に伝えていたので、多くの方が祝福してくれました。

 今回僕に起った心境の変化は、必ずしもコブラから受け取ったものが全てではないと思います。
僕は今迄、数あるスピリチュアル系の情報の中でも、エックハルト・トール、雲黒斎、それからつい先日セミナーを受講したやまがみ てるお氏のような、いわば仏教的なアプローチの覚醒メソッドにも強く影響を受けて来ました。
 そっちの方は今迄ブログなどであまり取り上げて来ませんでしたが、それで充分に準備運動をして来たものが、コブラのコンファレンスが決め手になって、意識のシフトがある臨界点に達した…という事なのではないでしょうか。

 これは、ある一つのステップを登ったという事で、ゴールではありません。
これからもまだまだ様々な体験やプロセスを経て行くのだと思いますが、一つの大きなギフトを受け取る事は出来ました。
コブラだけでなく、これまでスピリチュアルな世界で関わって来た全ての人に感謝したい気持です。本当に有難うございました。
-----------------------------------------------------------------------------------------
追伸: 一つ誤解を受けるかもしれないと思ったので、補足しときます。
「もう放射能も心配要らない」と書きましたが、現時点で汚染されている地域の放射能が消えた、健康被害の心配が無くなった、という意味ではありません。
 近い将来起こる「イベント」の直後に、画期的な放射能除去テクノロジーが速やかに普及するので、大きな心配はないという意味です。
それまでは、一定の放射能に対する警戒は解かないほうが良いでしょう。
 しかし、放射能は核種によって定められた半減期で弱まる以外決して消えない、というのが従来の科学の常識ですが、その科学の常識を打破るテクノロジーが齎されるので、過剰に心配する必要はない…その事が確信出来たのです。


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。