スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kesheの2014年計画

 Keshe財団が年頭に発表した2014年のタイムスケジュールに、年間を通して注目したいと思います。(翻訳サイトは「庶民の見方」さん)
この活動にはコブライベントと同じく宇宙人の関与があると思われますが、より現実的、具体的です。
積極的に係わるかどうかは、リスクを伴う投資と同じく自己責任でとなります。 


〔抄録〕

『2014年、人類変革の年』

Keshe氏からの2014年1月2日付メッセージ(1)
http://sunshine.dreamlog.jp/archives/2058010.html

 今年の計画は準備が整っている。
何よりも先ず最初に福島の問題を1月に終らせる

 最新の航空機、ミサイル、核兵器を無意味で時代遅れにしてしまうテクノロジーを公開することで、2月には世界中の武器製造を中止させる環境づくりに全精力を注ぐ

 6月には、空気を持続可能な食料とエネルギーの供給源に変える新しいシステムの公開を通じて、世界中の人々に必要な生活必需品を全く無償で届けることが出来る。
耕作のための土地も必要がなく、子供達がお腹を空かせて眠りにつくことも無くなる。


 9月までには、寒さや雨といった自然要素から身を守るため、いかなる人もテントの配布に頼る必要が無くなるようなテクノロジーを届ける。既に開発済みのテクノロジーを公開することで、地球上のどの地点に於いても、きれいな水を無料で提供することを現実のものにする。

 12月の終りまでには、この星のどの国からの定期的な空間移動も国境とは無関係になることを確実にする。
すべての者が宇宙への到達を集合的に平等に手にする。

 私たちの活動に疑いを持つ者は、今年の暮れ迄には平和の戦士となる覚悟を決めることだ。

                              

『私たちの約束を果たすために』
Keshe氏からの2014年1月2日付メッセージ(2)
http://sunshine.dreamlog.jp/archives/2056645.html

 私達の約束を果すために:
第7回のワークショップは福島のことに専念する。
1月のワークショップの日程については、ケッシュ財団でワークショップを企画しているチームが同意した日に設定される。

 もしも、このワークショップの日迄に、この汚染を止める事が出来る私達の明解なロードマップに IAEA と東電が合意しないならば、水中や土壌の脅威を回収するシステムと材料を、どのようにして作る事が出来るのかをスカイプによってライブ配信し、ステップ バイ ステップで教えて示す。

 過剰やブロックに備えて、どうか予備のサーバーを準備して欲しい。
日本のブロガーの方達は、翻訳の作業をする必要がある。
もしも扉が閉されてしまっても、私が必ず扉を開ける。

                                  MT Keshe


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。