スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コブラ最新情報(2013.12.28)

 捨てる神あれば拾う神あり。
GFLサービス(たきさん)が拒否したコブラメッセージの翻訳を Now Creation というサイトがやって下さいました。
サイトの管理者は WP とだけ名乗る匿名の方です。
一読して実力が判る素晴らしい翻訳であり、転載自由ということで有難く転載させて頂きます。
この情報を拡散することは、イベントの地均しとして意義のあることだと思います。
 
 内容について言えば、“現実はまだまだ厳しい”という印象です。
考えて見れば、人類の至宝とも言うべき「シルバー・バーチの霊訓」も、「日月神示」も全然甘くなどありません。
「引き寄せの法則」は真実ですが、この世は夢見る乙女の想いが直ぐに現実化するようには出来ていません。
 例えば、オリンピックで優勝するために、どんなプロセスが必要かを考えてみるだけで解ります。
綺麗なお花畑のようなチャネリング・メッセージは、一面、危険な毒を含んでいます。
その毒は意図的に注入されている可能性があります。


転載記事: イベント状況アップデート(2013年12月28日)
http://nowcreation.jimdo.com/2013/12/31/イベント状況アップデート/
原文: Portal 2012 Event Situation Update 
    Saturday, December 28, 2013
http://2012portal.blogspot.jp/2013/12/event-situation-update.html

 インターネットの投票では、目覚めた人達の90%(15,660人中14,112人)が、イベントを即座に起す方を選択しました。ということは理論的に、イベントを引き起すと生じるかもしれないリスクを引き受けてもよい、という意思表示でもあります。

 一般の人々に行なった路上調査でも、同様の結果になりました。20人のボランティアが5大陸すべてで、社会学的調査を実施したのです。私は彼等に次のように指示しました。

 「大勢の匿名の人達に立ち止って貰える場所、《 人通りの多い路上やショッピングセンター》で調査して下さい。大きな都市でも小さな市でも構いません。ここでの目的は、一般の人々の正確なサンプルを得ることです。
 目覚めた人々には調査しないで下さい。また、特定の年齢、性別、社会的地位に片寄らないようにして下さい。何も説得しようとしないで下さい。
イベント、ET、コブラ、新金融システム等々についての情報も与えないで下さい。誰かを説得してこの調査をしないで下さい。ちょっと立止って協力してくれる人は沢山います。
 社会学の調査で、路上アンケートを行なっていますとだけ言って下さい。そしてこの email に添付した文書(沢山コピーして置いて下さい)を協力してくれる人に渡します。 YES か NO にマルをしてもらうだけです。あなたが調査する地域全体で、200 から 1000 の回答を得られれば目的達成です。どうぞ出来るだけ早く結果( YES と NO の数)を送り返して下さい」
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 地球外に善良な文明社会があると想像してみて下さい。そこの人々が人類に会いに来ると想像してみて下さい。彼等は次のようなことに関して、援助の手を差し伸べてくれます。
 私たちの平和の達成、貧困と飢えを終らせる、公正かつ透明性のある新金融システムを築く、正義を再び取り戻す、法と政治と銀行業の堕落したシステムを変化させる、自然環境を回復させる、雨林と動物種を救う、新進テクノロジーを人類に披露する。
 もしも彼等が人類に対して、このような協調関係を申し出たとしたら、あなたはその申し出を認めますか?

             YES                        NO
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 回答が得られた5853人のうち5064人が YES にマルをしました。
これはつまりイベント後、約87%の一般人が、レジスタンスムーブメント(以下レジスタンス)及びポジティブな ET の文明に、心を開いて協力関係に入れるだろうということです。国や大陸による違いがあまり出なかったのは、興味深いところです。

 請願署名は期待していた結果にはなりませんでした。カバールがひどく妨害したために、およそ20,000人の署名を集めるのがやっとでした。

 また人々の中には、これはフィッシング詐欺で、名前と住所を集めているのではないかと怪しんでいる人もいます。
いいえ、そういうことではありません。私もレジスタンスも、この種のデータを集めることには何の興味もありません。それに、もしもあなたが政府のデータ収集を心配しているのなら、今直ぐ携帯電話とコンピューターの電源を切れば宜しい。彼等は既に、あなたのすべての
email 文章、電話でのすべての会話、携帯電話が近くにあれば、刻々とあなたの位置情報をも掴んでいます。
 それでもやはり心配ご無用です。これらはすべて、彼らのコンピューターの何処かに置かれている生データに過ぎないからです。誰にとっても、それを見るのは、あまりにも現実的ではありません。というのも、アルファベットの略称で称される官公庁(NSA とか CIA とか)には、マトリックスを保つために毎日処理すべき膨大なデータがあり、そのすべてを見る時間などありはしないからです。

 もし人々が、簡単な請願署名さえ手に負えないのなら、どうやってイベントを担うのでしょうか? はっきりさせて置きますが、イベント後はどうしても、誰もがコンフォートゾーンを広げて行くことになるし、そうすることを迫られるでしょう。

 署名に反対であっても、署名のプロセスをこのまま続けて行くことがとても大事です。署名の数はイベントのタイミングを決定しませんが、署名数が多ければ、必ずやそのプロセスを力強く推進します。あなたはここで請願署名が出来ます。
Planetary Liberation NOW! - The Petition Site
http://www.thepetitionsite.com/576/357/913/planetary-liberation-now/

 または、17言語に翻訳された Youtube ビデオの拡散にご協力下さい。
PLANETARY LIBERATION NOW! - YouTube
https://www.youtube.com/playlist?list=PLVOwQLKLBlsP5CeyoC0JtzQUZpcx66PTH

 または、この Youtube ビデオをご利用下さい。
Are You Awakened? (Planetary Liberation Petition) - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=_Et2ElNq8ug

 アノニマスも Op#Wings を通じて、この請願署名を支持しています。
Anonymous - Planetary Liberation Petition - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=ZsPkcUB2dfM&feature=youtu.be
Anonymous Op#Wings Planetary Liberation Petition - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=gMVoioPn2Wg

 RM2m特別任務部隊は、投票結果、アンケート調査、請願署名、その他の情報を考査し、地上の殆どの人々が、今イベントが起る方を支持するものの、少なくとも始めの内は、コンフォートゾーン(安全、安心な心地良い空間?)から進んで踏み出して光の勢力の活動を積極的に支えることはしないだろうとの結論に達しました。

 レジスタンスは、出来るだけ早くイベントを起したいと思っていても、実際にはソース(この場合は銀河系司神)からの指示でイベントを起します。彼らは、民衆が待ちくたびれており、何らかのアクションを見たがっていることを十分に承知しています。

 イベントが引き起され逮捕が始まった後、システム基盤を維持することが主要な課題の一つです。

 数年前、カバールの主要メンバー等が、自分達が地球上から排除され難い仕掛けを創りました。特別なコンピューターコードをメインプログラムに仕組んだのです。そのプログラムは、産業のコントロールシステムを動かしています。産業のコントロールシステムは、流通基盤の屋台骨となっています。(電気、水、食料品及び食料品流通)。
 このコンピューターコードは、メインプログラムの特定部分を日々アップデートすることを要求します。指紋と光彩による識別確認された、カバールの主要メンバー等によるアップデートをです。カバールの主要メンバーの一人でも署名に失敗したり、パニックボタンを押してしまうと、ウィルスが活性化し、インフラの崩壊を次々と招きながら、プログラムを破壊します。
 更に多くの主要メンバーがサイン・インしなかったらどうなるか、想像してみて下さい。
900 Seconds: Cyber Attack Wouldn't Take Long to Bring Down the USA
http://www.shtfplan.com/headline-news/900-seconds-cyber-attack-wouldnt-take-long-to-bring-down-the-usa_05122010
Major Security Firms Detect New Trojan Capable Of Disrupting Power Plants, Oil Refineries and Other Critical Infrastructure Networks
http://www.shtfplan.com/headline-news/major-security-firms-detect-new-trojan-capable-of-disrupting-power-plants-oil-refineries-and-other-critical-infrastructure-networks_10192011

 レジスタンスは、今ではボタンを押すことで金融システムをリセット出来ますが、イベント直後の重要な数時間、インターネットを通じて産業をコントロールするシステム基盤を滞りなく動かしておける保障が十分ではありません。レジスタンスは目下この問題に対処しており、解決することでしょう。

 他の問題としては、最富裕層の人々が何かとカバールに関わることで更に富み、彼等の殆どが明したくない小さな秘密を持っていることです。イベントが引き起された後、小さな特権を失うのを恐れ、彼らは光の勢力に激しく抗うかも知れません。
 レジスタンスは、非人道的な犯罪行為に深く関わっていなかった人達には大恩赦を、残りの人達には公正な裁判を行なうことを提案しています。
レジスタンスはまた、公正な事業努力によって得た富は保持してもよいこととし、不正に得た富は手放して人類に渡すことを提案しています。

 ここに公正な良い提案があります。
A Letter From America Concerning Worldwide Debt Cancellation | Video Rebel's Blog
http://vidrebel.wordpress.com/2013/11/09/a-letter-from-america-concerning-worldwide-debt-cancellation

 金融のリセットに関して、最新の進展状況をここで読むことが出来ます。
http://www.examiner.com/article/2014-will-be-the-year-of-the-currency-reset-and-gold-backed-trade-note

 負債の相殺についても良い記事があります。直接リンク出来ないので、記事をそのまま転載します。
http://src-fla.us/index.php/news2e629

(転載開始)
負債相殺の権利

 法令及び慣習法の規定により、銀行は長いこと相殺の権利を享受して来た。その権利により、銀行は(預金という)あなたに支払うべきお金を受け取り、ローンというあなたへの貸し出し分を埋め合せている。かようにして銀行は、あなたの車のローンを清算するために、あなたの預金口座からお金を引き出せるのだ。

 カレン・ヒューズの最新インタビューで、この権利に触れていたので紹介しよう。但し、真逆に述べていたのだが。
彼女は、連邦準備銀行に貸してあるゴールドで、銀行家への負債を埋め合せようとしている各国政府について触れていた。連邦準備銀行がそのゴールドの返却を拒否しているのだ。
 連邦準備銀行はまた、第二次世界大戦に先立って、その国々に引き取って貰った債券の換金も拒否している。そこでヒューズは、欺かれた国々が、負債を相殺して貸し借りなしにすることを提案している。なぜ今迄そうしなかったのか?

 それが未だ為されていないのは、連邦準備銀行が世界を相手にインチキを働いて来たからだ。IMF、世界銀行、或いは中央銀行システムが、国への貸し付けを行なってきた。しかし今、世界は目覚めつつあり、これらの銀行が全体の一部に過ぎないことを認識するようになって来た。地球規模の銀行システムで結ばれたカバールのネットワークの一部に過ぎないことを。その銀行システムに騙し取られていたことに対する国々の怒りは日を追う毎に増している。

 各国から銀行に1行文の手紙が送りつけられる日も近い。
「取引は相殺済み。すべて清算済み」。
そうすれば、国は総収入の3分の1を取って置けるし、天然資源を国民の為に分配するだろう。切手1枚分の費用でそれが実現するのだ。皆さん、あと少しでそうなるよ。
(転載終了)

 まだ他にもイベントを遅らせる要素がありますが、今は論じない方が良いでしょう。そうした問題は善処されつつあり、相応しい時が来たらお話しましょう。
イベント及びそれに続く黄金期は、私たちの魂の本質そのものに書き記されていて、ここにいるのはこのためなのだと、私達は皆、深いところでは分っているのです。

 変化に対する疑念や絶望感は、エーテル界のアルコンと奴らのテクノロジーによって、人工的に創られているのです。プロセスを遅らせようとする最後の悪足掻きです。

 見掛けはどうであろうとも、光の最終的な勝利は間近です!


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。