スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイオンポータル活性化の意義

 2013年11月24日午前6時11分、アイオンポータルを活性化する世界同時瞑想が行われました。
私も参加したこのイベントの意義を改めてコブラメッセージに基いて記録して置きます。
 参考記事: 10/25 アイオンポータルの活性化(by コブラ)
 (http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-263.html

 アイオンポータル活性化の時は、2012年から2015年の時間枠で起る天王星と冥王星の直角の時と一致します。
これは私達の時代で最も重要な天文学的現象であり、その意味は極めて単純です。
つまり、光の革命です。
 太陽を中心として天王星と冥王星が直角を為す正確な日は11月23日です。
アイオンポータルの活性化は潮流が転換する境目のピークに相当します。

グリッド比率に従って、光の勢力は受動的で今までは主として闇の勢力の行動に対応して来ました。
アイオンポータルが活性化すれば、それ以降は、光が行動を先導し始めるでしょう


 これをイメージとして捉えれば、闇の中に光が射し込み始めたのが2012年であり、闇と光が均衡したのが本日2013年11月24日午前6時11分だったのです。
この後は闇と光の力関係が逆転し、朝陽が暗闇を駆逐するように光の勝利が2015年まで続くことになります。
 コブラのイベントはその何処かで発動されることになるのでしょう。

 この日には、もう一つの重要な天文学的現象が重なります。

 「この時には、太陽を中心とする天王星と冥王星以外にも非常に面白い星の配列が起ります。
水星、金星、木星、土星、海王星、及び天王星が太陽の周りに六点の曼荼羅を形成するのです。 
 この六つの星は、2003年のハーモニックコンコーデンス(抵抗運動がエーテル界のインプラントコンピュータープログラムのハッキングに成功した時)と全く同じで、今年の8月25日の平和のポータル(この時には、私たちは集合的にシリアへの軍事侵攻を阻止しました)に於けるものと同じです」


 つまり、この六点曼荼羅が出現した時に過去2回、抵抗運動の記念すべき成功が収められていたのです。

 このポータル活性化の時には、銀河のセントラルサンは、太陽と六点の惑星の曼荼羅を通してエネルギーのミニパルスを送って来ます。
このパルスは調和共振波を太陽系全体に送り、太陽の磁極反転のきっかけになる可能性があります。

 この銀河のミニパルスは数百万年前に光の銀河中心文明の形成に向けて重要な役割を果し、大いに貢献した宇宙のツインソウルペア、アイオンとイオナを通じて伝送されるでしょう。
 この活性化は時代の遷移を意味します。
私たちの歴史上初めて、地球上の物理プレーン(3次元)と宇宙のアトミックプレーン(11次元)の間の直接の繋がりが得られるでしょう。


 この活性化は又、新しいルネッサンスのきっかけになるでしょう」



関連記事

テーマ : 宇宙
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。