fc2ブログ

PFCジャパンは信用出来ない

 PFCとは、Prepare for Change (コブラのイベントに対応する草の根的準備組織)の略称です。世界各地に拠点があるようです。
PFCジャパンの問題点は教祖的な霊能者がグループを牛耳っていることです。
コブラがチャネリングを否定していることを忘れてはなりません。
PFCJが「田舎で深呼吸」への回答(下記)で「コブラとの連係を図りながら運営している」と述べた意味が守城佐恵子のチャネリングによるものなら論外です。

「田舎で深呼吸」 PFCJからのコメント(2013-10-31)
http://stonegods.blog.fc2.com/blog-entry-580.html
要旨:
「PFCJはもちろん本部と繋がっていますよ。^^
まだまだ体制がとれてはいませんが、コブラとの連携を図りながら運営しています
PFC運営も様々なメンバーがいますので、一人だけではありません」
 
・ 守城佐恵子への不信感は2013年9月25日、たきさんのホームページへの衝撃的なデビューの後、彼女が関係する記事を2、3回読む中で生れました。

〔参考記事 1 〕
NESARAが本当に起動したのか?(2013/09/28 Sat アップ)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-244.html
要旨:
 豊穣資金の配布について(9月25日)
http://www12.plala.or.jp/gflservice/AbundanceMoneyDistributionStarts130925.html

 親愛なるPFC(Prepare for Change)の皆様へ

 本日、World Trust Fund=世界信託基金 の実務レベルのトップの方から、以下のご報告をいただきました。
 世界信託基金の分配が始まりました。
65年ぶりに闇組織、ロスチャイルド、ロックフェラー、モルガン、ブッシュ、イルミナティなどの偽物ユダヤからこの資金が光の支援により取り戻され今日から世界185ヵ国に支払いが始まりました
資金は世界平和、地球環境再生に関わる人達に使われます。
 数日内に、日本から豊穣プログラムが稼(始)働するというご報告をいただきました。

     守城佐恵子

・ 上記のメッセージでは、2013年9月25日の時点で支払いが始った筈の豊穣資金が、最近の「第4回PFC関東地区コズミックミーティング議事録 2013年11月3日(日)午前11時~午後3時」(http://www12.plala.or.jp/gflservice/4thPFCJapanMeetingMinutes.html
では、
◎ 豊穣資金は11月10日の週からすこしづつ支払いが始まる。
と変更されています。
 最初の印象からは、随分トーンダウンしています。

〔参考記事 2 〕
PFC議事録(10月3日) (2013/10/04 Fri アップ)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-249.html

・ この時点で既に、私はPFCJに疑問を抱き始めていました。
以下に、その時の記事全文を再掲します:

 スピ系情報の翻訳でお馴染みの“たき”さんが主要メンバーに入っているPFCグループが、また本物か偽物か判らない記事を出して来ました。
よく読んでみると、意外に尻尾を掴み難い内容です。
最も真実に近いと思われるコブラの情報からも乖離しているような、いないような・・・。
 尚、暫らく注意して見守りたいと思います。

引用元: GFLサービス (たきさんのホームページ)
http://www12.plala.or.jp/gflservice/PFCInnerMeetingMinitues131003.html
PFCインナーミーティング議事録 2013年10月3日
                     出席者  守城、なな、たき、唐木


1.10月4日(金)、10月5日(土)、10月6日(日)の三日間は、光の三日間で、地球がゼロポイントに入る時である。
準備ができた人の意識は拡張し、場合によっては次元上昇をする。
そうでない人には、驚愕の事態が待っている。

 闇は光に会って分解するので、カバールは生き残れない。

2.この間、コンピューターが止まる可能性がある。
ということは社会の多くの部門の活動に支障が出来ることを意味するので、食料、ガソリン、水などの準備を怠らないようにすること。

3.第二回のPFC関東地区コズミックミーティングには51人が集まった。
守城さんは、三年前から、この51という数字を見通していた。
51人が集まったということは、ゼロポイントに入るために必要な基準をクリアしたことを意味する。

4.10月7日(月)には、驚異の、喜びに溢れた光景が待っている。
どのようなことになるかは神が与えてくれた期待感として楽しみにしておくこと。

5.9月27日に行なったオバマのディスクロージャー(たきさんのホームページgflservice参照)は、スティーブン・グリア博士が待ちに待っていたディスクロージャーそのもの。
参照: オバマのエイリアンについての発表http://www12.plala.or.jp/gflservice/ObamaAdmitsEiliensControlledGvernments130927.html
 オバマは、USコーポレーションを破壊する目的で銀河連合から派遣されて来ているので、米国のレジーム変化が近く行われる。

6.これから先には、想念が直ちに現実になる、あるいは想念を抱く時には既に現実になっているので、例えば、貧困をなくすための手段をイメージする、口に出す、絵に描く、などの行為が大切になる。

結果、上の赤字で表記した箇所が真実であるという確証、確信は得られませんでした。以後、私はPFCJを見限り、関連記事を掲載していません。

 最近の公告(下記)では、アシュターとのコンタクターとして“アリウル”と名乗っていますが、私は全く信用していません。
アシュターからアリウルへ伝えられた宇宙語メッセージを日本語に翻訳するという“アンジェラ”(石川圭子)も同様です。

〔参考記事 3 〕
GFLサービス(たきさんのホームページ)トップ
【第5回の関東地区ミーティングのご案内】(11月7日午前時点)
http://www12.plala.or.jp/gflservice/gflservice.html

 今回東京から少し離れますが、素敵な場所で個々のハートを開くべく瞑想と優しい音に身を包まれてみるのはいかがでしょうか。
沢山のご参加をお待ち申し上げます。参加ご希望の方、早めにt1234c@mail.goo.ne.jp 宛てご連絡頂けたら幸いです。
 今回、臨時で懇親会の時間に【多次元語誘導(予約希望者)とETとの愛・コンタクト】も盛り込みます。
コンタクトは、アシュター“アリウル”(守城佐恵子)と翻訳“アンジェラ”(石川圭子)がナビゲートします。
石川圭子さんは、新たに発見された宇宙語の通訳能力で、アシュターからのアリウルへの宇宙語メッセージを日本語に翻訳します。

・ 過去にもこれと似た事例があったことを記憶しています。
以前、船井幸雄のグループに居た(未だ居るかどうかは知りませんが)大石憲旺という霊能者です。中矢さんが先生と呼んでいました。
地底人の魂を持つという菅原信也との出会いで突然に“地底語”が口から出て来るようになったという女性の通訳・解説役をしていました。
参考:
「日本弥栄の会」ホームページ「今週の一言」(2010年12月27日)
日本弥栄の会 バックナンバー 宇宙雑誌?になりつつある『たまゆらpremium』http://www.nihoniyasaka.com/backnum/backnum101227.html

・ こういう第三者に理解不可能なメッセージは通訳・解説者が勝手に自分の考えを話していても分りません。
“たき”さんは霊的なトレーニングが全く出来ていませんから、こういう手合いに簡単に騙され、利用されている可能性があります。
或いは、GFLサービス自体に“闇”があるのかも知れません。

 尚、コブラメッセージはPFCJのように、オープンな活動を推奨しているとは思えません。
2013年9月29日の時点で、「今、イベントを起せば鍵となる人達に数百万の死傷者が出るリスクがある」という意味のメッセージを出している位ですから、それなりの用心が必要だと思います。
 コブラ自身も自分の正体を無防備に曝すことは決してありません。

参考: 最近の状況(9月29日 by コブラ)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-247.html


関連記事

テーマ : 考察
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

悪の権化の二人

守城佐恵子は
寸借詐欺で有名人。
田村しゅうほうのセミナーで
手当たり次第、金をせびった。
また、
インチキ外人グレッグともつるんでる。
金の権化のグレッグは
「日本人は白人に弱い」ことを知り尽くしてる。
とにかく守城佐恵子とグレッグ・サリバンには気を付けて!
ヒカルランドにも気を付けろ。
プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR