スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の部屋の真実

 テレビドラマ「ガリレオ」の湯川学ではありませんが、一見、バラバラに見える断片的な情報が、一瞬にして繋がり、真相が見えて来る時があります。
 前回、アップしたアシュターのメッセージの中に、

「あなた方一人一人のDNAに合せてデザインされている光の部屋

というフレーズを見た瞬間、私の中に閃くものがありました。
以下に列記する総ての情報を因果律を前提に綜合すると、光の部屋の真実が見えて来ます。


1.DNAの再構築
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-174.html

 今地球上で最も興奮することの一つは、皆さんのDNAが再編されつつあることです。
DNAが進化しています。今後脳細胞はフル稼働に入って行きます。


 DNAの再構築は、次のマスター イブラヒム・ハッサンのメッセージ同様、光の部屋に入る前に(無関係に)既に始っています。
その兆候が肉体の変調に現れているのです。


2.マスター イブラヒム・ハッサンのメッセージ
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-97.html

・ DNAの暗号解除

 この地球上の人間は何段階かの進化を遂げましたが、そのうちの一つは、DNAを二本(2ストランド)のDNAに分けることであり、これによって能力に制約が課され、天からの分離が行われました。
2012年12月12日には、バイオレットフレームがDNAの暗号を解除し、12ストランドのDNAへの変化を開始します。
又、7個のチャクラは、12個のチャクラに変ります。
これは必ずしもあなた方が12ストランドのDNAによる全ての能力を獲得する、と言う意味ではありません。

 この変化の目的は次の通りです。
以前は、あなた方の能力は2ストランドのDNAの範囲に限られていましたので、意識の進歩を完了して、3ストランドのDNA、及びそれ以上の段階へと進歩したいと思っても、直接、物理的な方法では不可能でした。
 しかし、コード解読プロセスの後では、全ての人はそのDNAを通じて活性化された肉体と意識のバランスを得るようになります。
 従って、第三のDNAに相当する意識の進歩が見られると、それに伴う能力を獲得し、もし第六のDNAに相当する意識を持てば、その第六のDNAは直ちに活性化し、一年以内にそのDNAに伴うあらゆる能力が得られるようになります。
 DNAのレベルに従う真の活性化とそれに伴う如何なる意識も、次元がDNAにリンクしているので、12ストランドのDNAと12次元に至るまで、あなた方を違う次元へと導きます。

「これは必ずしもあなた方が12ストランドのDNAによる全ての能力を獲得する、と言う意味ではありません」という箇所に注目して下さい。
これは、霊格によって到達する次元が異なる、という霊学上当り前の真理と一致します。
 その背後には不変の因果律が存在します。
光の部屋因果律に矛盾しないのなら当然、光の部屋に入れば、総ての人が12ストランドのDNAを獲得し、12次元に到達出来るわけではありません」
それと、「意識の進歩を完了して」という言葉がどういう意味で使われているかに注目して下さい。



3.「コブラへのインタビュー」
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-154.html

 それらの「部屋」は我々を完全覚醒に至らせることを助けるために有機的に統合された、非常に高度な光のテクノロジーです。
 これらの「部屋」は、地上の人々に対して、「イベント」のどこかの時点で漸次導入されることになるでしょう。
私は、多分ファーストコンタクトの時だと言っておきます。
 それは、ファーストコンタクトの前に、準備の出来た先進的なライトワーカー達に対して個別に使用されるでしょう。
しかし、「イベント」が終り、ファーストコンタクトの後、完全なアセンションプロセスが深まるにつれて、より集団的に行われるでしょう。


光の部屋」は先ず、最も霊格が高い(DNAのストランド数が多い)ライトワーカーから個別に適用され、順次、霊格の低い(ストランド数の少ない)人々を対象にグループ毎に行われて行くことになるでしょう。
 最高が12ストランド12次元で、最低が4ストランド4次元だと思われます。
「完全覚醒」は、各ストランド各次元毎の完全覚醒と理解すべきです。(前項参照) 
 光の部屋はあくまで補助的なツールであり、適格者全員を最低ラインの4ストランド4次元まで押し上げるのに使われるのではないでしょうか。
入学試験の時に、全員を同じレベルに揃えるのではなく、最低ライン以上の人を入れるのと同じです。
12ストランド未満の人達が12ストランドに到達する過程は、入学後、各人の自由意志による勉学如何に掛かっており、一人一人皆違う筈です。


4.光の部屋(by アシュター)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-176.html

 この装置は光の部屋であり、個人毎のDNAに合わせて設計、プログラムされています。

 この操作には、三段階があります。これは深い眠りから始まる三日間です。
これら全ての操作が、あなた方の銀と金のコードに関係しています。
あなた方のあらゆるもの、全ての細胞、全ての構造が、転生の間眠りについていたDNAに従って変化します。


5.ヒーリングと因果律
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-155.html

 人間の側から見れば奇蹟的に思えるかも知れませんが、因果律の働きによって、そういう現象が起きる機が熟していたのです。

 すべて自然法則(摂理)が支配しています。トリックなどありません。
いかなる心霊治療もその法則の働きを勝手に変えたり曲げたりする力はありません。


6.金星のアセンション 2 
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-110.html

 金星の人々はあたかも物質的な世界を去って金星から姿を消してしまったかのように見えたが、彼らは単にアストラル界で金星人としての生活を継続することを選んだだけであった。
彼らですら、未だに物質界で作ったカルマを背負っており、いつの日にかアストラル界を去って物質的な世界に再生し、勘定の清算をしなければならない運命にある。


 
7.日月神示

金は金、鉛は鉛ぞ。鉛を金にしようとしてはならん。
鉛は鉛として磨かねばならんぞ。浄化とはそのこと。

(ひふみ神示 補巻 月光の巻 第40帖)


初めから鉛だったのではなく、長い間の自由意志による選択が霊格を決めたのです。
霊界では霊格によって居住界層(階層)が異なります。
神の絶対法則、因果律によってそう定まっているのです。

平等とか公平とか申すのは悪魔のワナであるぞ、
天地をよくみよ、人民の申す如き平等も公平もないであろうがな、

(五十黙示録 第七巻 五葉之巻 第9帖)


音楽に優れた人もいれば、スポーツに優れた人もいます。
愛の人もいれば、知の人もいます。利他的な人もいれば、利己的な人もいます。
聡明な人もいれば、愚鈍な人もいます。
 植物界、動物界も同様です。
無数の雪の結晶でさえ、一つとして同じものがないそうです。


 結論: 私の直観的結論を述べます。

 「光の部屋」は、金は金、鉛は鉛として浄化する装置であって、鉛を金に変える(DNAのストランド数を変える)ものではありません。
この浄化は一種のヒーリングであり、因果律を曲げることは絶対に出来ません。
 その場合、未清算のカルマが残っていたらどうなるのでしょうか?
「光の部屋」の中で、強い悔悟の念による浄化を受けるか、金星のアセンションの場合のように、カルマの清算を先送りするか、の何(いず)れかであろうと思われます。

 後者の場合、持ち越したカルマは地球以外の未開惑星の進化を手伝う過程で清算されることになるでしょう。
地球に転生した金星人オムネク・オネクや、金星人のマスター、ナザレのイエスが当にその実例です。
 オムネク・オネクは義父にレイプされる等の酷い扱いを受け、イエスは十字架上で磔にされました。何れも未清算のカルマによるのです。
尚、イエスをキリストとして神格化したのも、その磔刑を人類の贖罪にしたのも、宗教としての自己正当化に過ぎません。神示がいう「理屈」です。


関連記事

テーマ : アセンション(次元上昇)
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。