スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛国親バカ」に「パーのノビテル」

 石原慎太郎氏に就いては、愛国者としては心情的に評価しますが、「RPE」のレベルから見ると、戦略論的にまともなものがありません。最近も、産経ニュースで時々寄稿を見掛けますが、取上げるに値するものは一つもありませんでした。
 その慎太郎氏が増田寛也氏の応援演説で、鳥越氏を「売国奴だよ、コイツは!」、小池氏を「大年増の厚化粧がいるんだな。これが困ったもんで、あの人はウソ吐きだと思います」と暴言して話題になりました。
 当ブログは左翼リベラルの鳥越を当選させない事を最優先する立場から、自公の候補を一人に出来なかった石原伸晃(いしはら のぶてる)自民党東京都連会長を批判して来ましたが、この際、はっきりレッテル貼りをして置きます。
 「石原慎太郎氏=愛国親バカ」、「石原伸晃=パーのノビテル」。(反安倍・反米・親中の工作員、副島隆彦の重掲 7/23 から借用)
私の目から見ると、小池百合子は自公の救世主(ジャンヌ・ダルク)です。最後は自公に裏切られて「火焙りの刑」に処されるかも知れませんが・・・。安倍さんの擁護を期待。(菅官房長官は増田氏の応援に奔走)


YAHOO! ニュース
石原慎太郎氏、鳥越氏を「売国奴」と非難…小池氏にも「ウソつき」
    7月26日(火)16時46分        デイリースポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160726-00000054-dal-ent

 元東京都知事の石原慎太郎氏(83)が26日、東京・永田町の自民党本部で行なわれた、同党の推薦を受けて東京都知事選挙(31日投開票)に立候補している増田寛也候補(64)の各種団体総決起集会に出席。対立候補の鳥越俊太郎氏(76)、小池百合子氏(64)を厳しく批判した。
 政界を引退してから1年半余り。それでも“石原節”に陰りは見られなかった。増田氏の応援演説に立った石原氏は、先ずは鳥越氏に対して「売国奴だよ、こいつは!」と言放った。

 石原氏は、鳥越氏が過去にテレビ番組で、尖閣諸島に中国が攻めて来た際の対応に就いて口にした発言を紹介。「『自衛隊が出動したら人が死にますね。そんなことだったら尖閣なんか中国にくれてやったら良い』って言いやがった。こんな馬鹿なこと言う奴が、東京を代表出来るかと」と猛非難。更に「実質的に脱落したみたいだけど」と、最新の世論調査で苦戦が報じられていることにも触れた。

 石原氏の舌鋒は、返す刀で小池氏にも斬り掛った。「もう1人、大年増の厚化粧がいるんだな。これが困ったもんで」と笑わせた後、「あの人はウソ吐きだと思います」とバッサリ。小池氏が、前回の都知事選から石原氏の応援を受けていたと発言していることを受け、「私が彼女に選挙に出ろと言った、全くそんな覚えはない。虚言症で困ったもの」と完全否定し、「そこに私の息子がいて、苦労してますが…」と、同席した長男で自民党都連会長の石原伸晃氏(59)を指さしてまた笑いを取った。

 この日は父の慎太郎氏に先駆け、伸晃氏も応援演説を実施。「私は普段、他人の悪口は言わないことにしておりますが、今日は経過を含めて若干、お話をさせて頂かなければならない」と切出すと、自民党から造反する形で出馬した小池氏を糾弾した。

 先ず、小池氏の出馬迄の経緯に就いて「私がいない時に推薦依頼を持って来て、又いない時に引取って行かれた。我儘だと思います」と非難。更に「政治とお金の問題で色々書かれております」と、一部で報じられた裏金疑惑に就いても触れた。更に「推薦届けをお取下げになられた。その時を以って、そして今日を以って、小池候補は自民党の人間ではないと思っています」と、実質的な“追放宣言”迄行なった。


YAHOO! ニュース
【都知事選】山口敏夫氏が石原親子を猛批判「親ばか。倅はもっと頭が悪い」
     7月29日(金)15時22分         スポーツ報知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000072-sph-soci

 東京都知事選(31日投開票)に立候補している山口敏夫元労相(75)とジャーナリストの上杉隆氏(48)が29日、「オリンピックデー街頭キャラバン」と題し、2人で新国立競技場建設予定地等都内を周り、街頭演説を行なった。山口氏は、小池百合子元防衛相(64)に対する石原慎太郎元都知事(83)の暴言に就いて、「慎太郎さんは老いた」等と苦言を呈した。

 慎太郎氏は26日、自民党本部で開かれた元総務相の増田寛也氏(64)の総決起集会で、「大年増の厚化粧。あの人はウソ吐きだ」等と小池氏をこき下ろした。

 この日午後、渋谷駅前の演説で、山口氏は慎太郎氏の長男で自民党東京都連会長の石原伸晃経済再生担当相(59)にも怒りの矛先を向けた。「老いた慎太郎さんに選挙の応援を頼んだのが倅の石原伸晃。伸晃はもう直ぐ60歳。大臣もやってる。それが5歳や10歳の子供じゃあるまいし、『父ちゃん、俺達の担いだ候補が負けそうだから、ぜひ応援して下さい』と応援ベンチに引っ張り出した」と都連会長の手腕に疑問を呈し、「挙句の果てに小池批判をさせた。結果的に小池さんだけではなく、全国の女性を怒らせて、小池さんを応援するようなことになった。慎太郎さんも親バカだから、倅に頼まれたら引受けちゃう。しかし、頼む倅はもっと頭が悪い」と痛烈に批判した。


小池氏は厚化粧で嘘つき? 橋下氏「増田氏は大チャンス逃した」 石原元知事“暴言”騒動に
       2016.7.29 16:00           産経 WEST
http://www.sankei.com/west/news/160729/wst1607290056-n1.html

 前大阪市長で弁護士の橋下徹氏(47)が28日、自身のツイッターを更新。東京都知事選で石原慎太郎元知事(83)が小池百合子候補(64)に対して「大年増の厚化粧で嘘吐きだ」と発言した“暴言騒動”にコメントした。(サンケイスポーツ)

 石原元都知事は26日の増田寛也候補(64)の決起集会で「大年増の厚化粧がいるんだな。これが困ったもんで、あの人は嘘吐きだと思いますね」と小池候補を糾弾していた。

 橋下氏はこの一件に就いて「石原さんの小池さんへの厚化粧暴言時、増田さんは同じ場所に居たんだから、石原さんと大喧嘩して発言を取消させ謝罪させれば、大きく流れが変ったのに」と自身の見解を述べた。

 続けて「最大のチャンスを逃した。あの発言位、取消させることが出来なければ大改革等出来ない」と増田氏の対応を残念がっていた。


関連記事

テーマ : ふと感じること
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。