スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内閣改造関連ニュース

 注目は二階俊博・総務会長の続投と、反安倍陣営から目の敵にされている世耕弘成・官房副長官の閣僚起用でしょう。お公卿さん外相の岸田文雄氏と筋金入りの「日本会議」幹部・稲田朋美・政調会長の交代が実現すると面白い。都知事選で無能振りを露呈した石原伸晃氏など、内閣の要職(2つ兼任)から更迭しても良いように思うのですが。
 因みに岸田氏と石破茂氏は「ポスト安倍」を窺う有力候補だとか。私に言わせると「冗談じゃない。ガキは引っ込んでおれ!」と言う程度の「格が違う」存在。どうせ、バックに中国かアメリカがいる。


内閣改造
骨格を維持…麻生副総理、菅官房長官留任へ
2016年7月26日 02時30分       毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160726/k00/00m/010/099000c

 安倍晋三首相は25日、夏季休暇から公務に戻り、8月3日に行なう内閣改造・自民党役員人事の調整を本格化した。首相は参院選を受け、「アベノミクスを加速する強力な布陣」とする考えで、麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官を留任させ、内閣の骨格を維持する。

 【「ポスト安倍」を窺う2人

自民総務会長、二階氏が続投

 党人事では、首相の2018年9月迄の党総裁任期の延長を提案している二階俊博総務会長を留任させる方向だ。

 菅官房長官は25日の記者会見で、「首相自身が内外の諸課題にしっかり対応出来るよう適材適所で人事構想を練っている」と強調。その上で「1億総活躍社会を実現し、総合的で大胆な経済政策を進めて行く中で必要な人材を首相は考えている」と語った。

 首相は、サイクリング中に怪我をした自民党の谷垣禎一幹事長に就いても留任させたい考えだ。回復状況を見極めた上で、職務継続が可能かを最終判断する。

 改造は中規模を想定しているが、谷垣氏が交代する場合、全体の人事構想が変り、改造規模が膨らむ可能性がある。

 岸田文雄外相、稲田朋美党政調会長に就いては要職で起用する方針。岸田氏を政調会長、稲田氏を外相に充てる構想等が取り沙汰されている。また、参院からは、3年半を超えて官房副長官の職にある世耕弘成氏の起用を検討している。

 公明党は昨年10月の内閣改造で入閣した石井啓一国土交通相の留任を軸に検討を進めている。党の方針が決まり次第、首相に希望を伝える。

 参院選で落選した岩城光英法相と島尻安伊子・沖縄・北方担当相は交代させる。また、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の関連法案等が審議される秋の臨時国会に備え、業界団体から現金を受取っていた森山裕・農相、選挙区内の香典支出問題で追及された高木毅・復興相等、「政治とカネ」の問題が浮上した閣僚に就いては交代を検討している。【高本耕太】


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。