スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A氏の背後霊団メッセージ(4)

 前回の続きです。(最下部欄外「関連記事」参照) 今回も興味深い内容が沢山あります。

1.韓国でUFOの目撃情報が増えていること。(意図的に見せている)

2.中国に進出した韓国の芸能人が「ハーグ裁定」を否定し、中国の主張が正しいと発言するよう、圧力を掛けられていること。

3.中国の闇は無神論・無宗教故に、邪教・魔教に犯されている韓国よりは浅い。中国は韓国より早く真実に目覚める。

4.本来は善良だったスピリチュアリスト達が闇の罠に掛かり、出鱈目な陰謀論に惑わされ、不安に怯えながら無意味な政権批判を繰返している。(「zeraniumの掲示板」も同じ)
 一旦逸脱すると歯止めが掛らず闇に落ちてしまうのは中途半端な信仰心が原因の多くを占めている。(「イスラム過激主義者」達も同じ)

4.もしも中国が日本と戦争することになったら、中国は簡単に敗れるでしょう。日本の装備が優れているだけの問題ではなく、人の資質が全く違うからです。1人1人の背後に控える存在(霊団)の資質と言換えることも出来ます。中国軍は幾ら数で勝(まさ)っても意味がない烏合の衆です。(仮令そうであったとしても、戦略論的には敵を侮るのは禁物)

5.日教組の教員による洗脳教育に注意すること。

6.韓国では教師に逆らって正しいことを言う子供は事故に見せ掛けて殺される。

7.トランプより、ヒラリーの方が闇が深い。どちらも地球の進化を促進する助けにはならない。(米を最強にするという主張とは裏腹に)米国の影響力は弱まる方向。

8.既に地球上の誰もが、もう後戻り出来ない道の上を歩いており、正しい答えを導き出せる人の割合が一定数を超えた時、地球は新しく生れ変ることが可能になる。


「永遠に続く道」
720. 後戻りできない道       2016.07.22 
http://eternalhighroad.blog100.fc2.com/blog-entry-720.html

 韓国の俳優A氏の背後霊団から届くメッセージを不定期に紹介しています。その経緯は、「710.私が心配を手放すために与えられた配慮」 にありますので併せてお読み頂ければ幸いです。

A氏のプロフィール
   (省略。原文を御参照下さい)
 
A氏の背後霊団から届いたメッセージ

 Aは元気に過しており、私達と繋がり、慎重に作品選びをしながら充実した日々を送っています。

 一度演技の仕事が始まると他の全てを後回しにして、その作品に集中することになるので、彼にとって余暇は大変貴重な時間です。
澱んだ気が蔓延するソウル市内ですが、Aは私達の導きで、気の流れの良い場所に住んでいます。

 宇宙の光のネットワークは最深度の闇に支配されている韓国を憂い、宇宙機を見せて啓発を試みており、昨年2月に韓国各地でUFOの目撃情報が多く寄せられたニュースは既に御存知だと思います。

 あの時、Aは自宅のバルコニーで宇宙人と遭遇しました。
ただ意志の疎通が取れる迄には至らず、現在は再会の機会をわくわくしながら待っています。彼の容姿は年齢相応ですが、心と魂は少年の侭で、宇宙人に対する恐れは全くありません。

 彼が他の俳優達より慎重に作品選びをしなければならない理由は、お察しの通り多々ありまして、特に近頃は中国との関わりを深くする作品に警戒しています。

 中国が南シナ海に独自の境界線「九段線」を設置してフィリピンの漁民を締め出した件で、国連海洋法条約に基づくオランダ・ハーグの仲裁裁判所は国際法上の法的根拠がないと認定しました。

 中国に進出した韓国の芸能人は「中国が正しい」と発言するように中国当局から圧力を掛けられており、利益を追求するだけの目的で関わりを持ったスター達は困惑し、岐路に立たされています。

 フィリピンを始めとする東南アジアにも多くの韓流ファンが存在するからです。中国は自国の歴史が他国より古く、優れているという優越感をなかなか捨てられない国家です。

 全てが日本から始まっているという真実を受入れることは耐え難く、完全に白旗を揚げる迄には紆余曲折が待受けているのは確かですが、それでも韓国よりは早く受入れることになるでしょう。

 現在、何かにつけて中国の脅威が問題視されており、日本は難しい舵取りを迫られているので慎重姿勢を崩さず丁寧に対応するに越したことはありませんが、恐れる必要は何もありません。

 もしも中国が日本と戦争することになったら、中国は簡単に敗れるでしょう。日本の装備が優れているだけの問題ではなく、人の資質が全く違うからです。1人1人の背後に控える存在の資質と言換えることも出来ます。中国軍はいくら数で勝(まさ)っても意味がない烏合の衆です。

 そのことを指導部は承知の上で、強硬な姿勢を崩さないのは愚かさによるものです。それでも中国の闇が、韓国の闇より深度が浅いのは何故だと思いますか?

 宇宙人男性と地球人女性の恋愛を描いた人気韓国ドラマ 「星から来たあなた(별에서 온 그대)」が中国で放映された時、中国政府の審議で修正されたことを御存じですね?

 中国当局は宇宙人や幽霊等の登場を徹底規制しているので、最終回で主人公は宇宙人でなく、実際は韓国の小説家だったと無理な解説を入れて物語を終らせました。

 中国共産党は党員の宗教禁止を徹底し、表向きには国民に対して宗教の自由を認めながら、実際は無神論と唯物論に基づいて弾圧を続けています。

 でもこの弾圧が地球規模で大きな変化が始まったこの時期にはプラスに作用することになっています。下手な信仰心等無い方が、いざとなれば理解が早い場合があるからです。

 本来は善良だったスピリチュアリスト達が闇の罠に掛かり、出鱈目な陰謀論に惑わされ、不安に怯えながら無意味な政権批判を繰返しているのを見れば一目瞭然でしょう。

 一旦逸脱すると歯止めが掛らず闇に落ちてしまうのは中途半端な信仰心が原因の多くを占めており、韓国の深い闇の所以は、洗脳が解けない最も性質(たち)の悪いシステムを構築されているからです。

 韓国の洗脳教育に就いては既にお話しましたが、日本でも全く無いとは言い切れません。あなた自身も小学生の時、日教組の教員から危うく極端な思想を植付けられようとしていましたね。

 授業中やホームルーム活動の中で、それは巧妙に、「皇室は税金泥棒だ!」、「自衛隊は憲法違反だ!」、「共産主義は素晴らしい!」と聞かされて皆が惑わされそうになった時、「先生の話は間違っている!」 と教えてくれたCさんを覚えていますか? 彼女は本当に聡明で勇敢な少女でした。
 
 日本だから彼女は無事に卒業出来ましたが、韓国でCさんのような子供は生残れません。不可解な事件に巻込まれるか交通事故死したでしょう……。

 Aはストレスを溜めながらも黙っていたからこそ無事に大人になれたのです。日本ではそのような極端なことは起きませんが、現在でも、あなたの時代と変わらず、ダークサイドから派遣された一部の教員による洗脳教育が横行している点は憂慮すべきです。

 ところで、余暇を過ごすAが信仰する宗教の活動を熱心にしているように映るかもしれませんが、実際は全てに賛同している訳ではなく、ただ人として尊敬出来る人物がおり、活動を共にすることで学ぶことも多々あり、孤独の解消にも役立っています。

 あなたも海に行ってダイバー同士で話しをするのは、全く同じ考え方でなくても楽しく寛げるでしょう。彼の宗教活動はそれと同じようなものですから心配しないで下さい。

 先ほど中国より韓国の闇が深いとお伝えしたので、闇の深度に就いてもう少し言及します。

 米国大統領選挙の候補者、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官と共和党のドナルド・トランプ氏ではクリントン氏の闇の方が遥かに深いことを知っておいて下さい。
どちらの候補者が大統領になっても地球の進化を促進する助けにはなりませんが、深い闇よりは浅い闇の方が好ましいことは確かです。

 何れにしても米国の影響力は弱まる方向に進むでしょう。
けれど米国大統領選挙の行方等関係なく、毎日到る所で不幸な出来事が多発しており、この地球上で安全地帯は何処にもないことを全ての人が覚悟するべきです。

 何かを始める時も、何処かへ行く時も、自分自身としっかり向合って、「YesかNoか?」答えを出しながら進む以外に自分を守る方法はありません。

 既に地球上の誰もが、もう後戻り出来ない道の上を歩いており、正しい答えを導き出せる人の割合が一定数を超えた時、地球は新しく生れ変ることが可能になります。

 今、この時、後戻り出来ない道にいる1人1人の選択と行動が、地球の行先を決定するでしょう。

 私(kaoru)は自分が所属する霊団と魂の故郷を早い時期に内なる神様から教えて貰っていますが、A氏の霊団に就いては、これ迄、私の霊団との関わりはなく、今回初めて縁を結んだと聞いているだけで詳細は未だ明かされていない状況です。
 最後のメッセージの時に明して下さるような予感がするのですが、随分先のことかも知れません。


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。