スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン「暴言大統領」(2)

 まあ、こういう「猿の惑星」のゴリラレベルの人物は時代錯誤の「大中華帝国=一党軍事独裁国家」と一緒に自滅したら良いのです。


 フィリピンのゴリラ、ドゥテルテ新大統領
0021376720フィリピンのゴリラ
画像転載元: (http://www.jiji.com/jc/p?id=20160510145546-0021376720


“親中派”フィリピン新大統領、30日就任 南シナ海で中国寄り前面へ アジア安保環境への影響必至
     2016.6.27 20:47            産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160627/wor1606270027-n1.html

 【マニラ=吉村英輝】 5月のフィリピン大統領選で勝利したロドリゴ・ドゥテルテ氏(71)の就任式が30日、首都マニラで行なわれる。過激な発言から、米大統領選で共和党の候補指名が確定したドナルド・トランプ氏に擬えて「フィリピンのトランプ」とも称され、南シナ海問題で中国との対話に意欲を見せる政治姿勢は、日本を含むアジア太平洋の安全保障環境に影響を与える可能性がある。

 ドゥテルテ氏は21日、ダバオで財界人と対話集会を開き、南シナ海に中国が造成した人工島周辺で同盟国の米国が行なっている「航行の自由」作戦には「参加しない」と断言した。フィリピンの排他的経済水域内にあるスカボロー礁を中国が実効支配し、拠点化に向けた埋立てを狙っているとされる問題でも、「中国とは争わない」との姿勢だ。

 駐フィリピン米国大使にも13日、初面会の場でこうした意向を伝えた上で、「(米国は)味方なのか」と迫ったとされ、自称「社会主義者」のドゥテルテ氏は「米国嫌い」との見方が広がっている。

 「犯罪の巣窟」と呼ばれた南部ダバオの市長を約20年に亘り務めるドゥテルテ氏は、自ら短銃を忍ばせて薬物を取締まり、米映画の刑事ばりに「ダーティハリー」の異名を取った。だが、人権団体は、「自警団」による超法規的な犯罪者殺害も黙認して来たと批判する。

 また、ダバオで地元記者が先月、何者かに殺害された事件で、汚職に関与した記者の暗殺は容認されると発言。後に、釈明したものの、「大統領の任期終了迄取材は受けない」と居直るなど、メディアとの対立は早くも深刻化している。

 一方、米軍再駐留に道を開く等米国との関係強化を進めたアキノ政権からの路線転換に、中国は期待を寄せる。ドゥテルテ氏は21日、選挙前から駐比中国大使と接触する等して「鉄道整備等で支援の約束を得た」と明らかにした。

 30日の就任式はマラカニアン宮殿で行なわれるが、取材は国営テレビ等2社に制限される予定。ロブレド次期副大統領は別会場で宣誓式を行なう。1987年の現行憲法施行以来、初めての事態だ。フィリピンの正副大統領は其々直接選挙で選ばれるが、ロブレド氏はアキノ大統領が推していた人物で、今後、ドゥテルテ氏から冷遇されるのは確実と見られる。
 施政方針演説は7月25日に行なう。任期は6年。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。