スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9党首公開討論会

 安倍さんは「与党で衆参3分の2を取るのは100%不可能だ」と思っているようです。私もその方が好都合だと思います。(「日本会議」は改憲したいでしょうが、急ぐと問題が起きます。当面は解釈改憲で充分)
 野党4党は反安倍で結束し、選挙協力をしているだけで中身はバラバラです。ただ、経済政策については、自公も野党の存在価値を無くすような良い政策を出さないといけません。


「自公VS野党4党」真っ向対立 改憲、安保法制、政党の枠組み巡り論戦 党首討論会
       2016.6.21 22:21        産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/160621/plt1606210092-n1.html~n3.html)

 参院選の公示を翌日に控えた21日、与野党9党の党首が日本記者クラブ主催の公開討論会に臨んだ。約2時間の論戦で浮彫りになったのは「自民、公明両党VS野党4党」が憲法改正や安全保障政策で真っ向から対立する姿と、野党連携の矛盾だった。

憲法

 経済に次ぎ多くの時間が割かれたのは憲法だった。民進党の岡田克也代表は、9条改正に就いて「どうしても認める訳には行かない」と訴えた。安倍晋三首相(自民党総裁)が参院選を前に憲法改正を積極的に訴えていないとして「おかしな話だ」とも批判した。

 これに対し首相は「憲法を争点にしていないとは言っていない。条文をどう変えて行くかを決めるのは国民投票だ」と説明。「与党で衆参で3分の2を取るのは100%と言っても良いくらい不可能だ」とも述べた。自民党憲法改正草案に就いても「無傷でその儘行くとは考えていない」と語り、野党を巻込んだ上での改正に意欲を示した。

 岡田氏と共産党の志位和夫委員長は首相の憲法観を批判したが、矛先は自らにも向けられた。新党改革の荒井広幸代表は岡田氏を指名し、自衛隊を違憲とする共産党が民進党との連立政権構想を提唱していることの矛盾を追及した。

 志位氏は「自衛隊は憲法違反の組織だが、将来の展望として国民の合意で段階的に自衛隊の解消を図る」と述べた。だが、自衛隊の活用を主張する志位氏の矛盾には、記者からも質問が続出。志位氏は「矛盾を創ったのは自民党政治だ」と苦しい弁明に追われた。

安保関連法

 志位氏は、安保関連法成立を受け「日米同盟は希望の同盟になった」と強調する首相を批判した。首相は「抑止力の強化で日本の安全は更に強化されたと確信している」と応じた。

 志位氏は、安保関連法廃止後の展望について「憲法9条の精神に立った平和の外交戦略が必要だ」と主張。(註: 寝言を言うな。この売国奴め!) 岡田氏は「安保関連法が出来る前の状態に戻す。そのことで日米同盟がおかしくなるという話は成立たない」と訴えた。(註: 成立つんですよ。バカ!)

野党共闘

 志位氏は「『安倍暴走政治ストップ』の願いに応え、全国32の1人区全てで野党統一候補が実現した」と胸を張った。一方、公明党の山口那津男代表は、共産党との国民連合政府構想を否定する岡田氏に「志位氏は次の総選挙迄に(構想に就いて)前向きの合意を得る努力をすると言っている。責任ある政治の姿が見えない」と糾した。

 岡田氏は、自自公(自由民主党、自由党、公明党)連立政権を組んだ過去に触れ「有権者に対する裏切りだ」と反論。その上で「今共産党と連立政権を組むことは理念、政策が違う以上無理だ」と断言した。

 首相も岡田氏に「(野党4党の統一候補が)同じなのは安倍政権を倒すことだけ。参院議員の任期は6年あるが、私が辞めたら、その人達は何をやるのか」と質問した。

 岡田氏は、共産党との将来的な連立政権の可能性を否定しなかった自身の発言を首相が「(野党連立政権が)来年かも知れない」と述べたことに「レッテル貼りは止めた方が良い。恥ずかしい」と声を荒らげた。だが、首相の質問には答えず、すれ違いの議論となった。(註: 少し解り難いが、民共連立政権は、民進党は今は無理だが将来の可能性は否定しなかったらしい。共産党は前向きの合意を得る努力をすると言っている。これに対して主相は、先の話ではなく、来年になるかも知れないぞと突っ込みを入れたということか)


関連記事

テーマ : 検証
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。