スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民進党の参院選公約

 ポイントは「安全保障関連法の白紙化と憲法9条改正反対」です。共産党とは少しニュアンスが異なりますが、これを共通項として野党4党の統一候補を立てています。日米安保を弱体化したらどうなるかという話を完全にスルーして憲法問題にすり替えているのです。
 本質を言えば、この憲法は日本に武力を持たせず、代りにアメリカが護るというのが本旨です。アメリカが衰退し、凶暴な中国が台頭して来れば、事情が変って来ます。
国家の自衛権は憲法以前の問題です。野党4党のこの主張は国民に対する許されざる欺瞞、詐欺行為と断定します。
 一方、経済に就いての公約は、何時も「選挙の時の話」だけです。私も「アベノミクス」が全面的に良いとは思っていません。改善の余地は沢山あります。


安保関連法白紙化、憲法9条改正反対…民進党が公約発表
    2016.6.15 21:22         産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/160615/plt1606150071-n1.html~n2.html) 

  民進党は15日、経済再生を柱に11分野の重点政策を掲げた参院選の公約「国民との約束」を発表した。消費税は再増税を2年延期し、社会保障の充実は税制改正や徹底した行政改革で図る方針を示した。また、違憲と批判する安全保障関連法の白紙化や憲法9条改正反対も明記。岡田克也代表は記者会見で「経済と憲法が今回の参院選の争点だ」と訴えた。

 最初の項目には、安倍晋三首相が重視する「経済」を据えて対決姿勢を強調した。アベノミクスは失敗だとして「分配と成長の両立への転換」を掲げ、返済不要の給付型奨学金創設や保育士、介護職の給与引上げ等を盛込んだ。只、自民党も公約で「成長と分配の好循環」を打出し、具体的な政策でも大きな違いが見られないことから、選挙戦での差別化に苦慮しそうだ。

 増税再延期で不足する社会保障の財源に関しては、岡田氏が赤字国債で賄う意向を表明している。公約に「赤字国債」は明記しなかったが、長妻昭代表代行は会見で「税金の無駄遣いをなくすこと等によって、でき得る限りの財源を捻出する」とした上で、「不足した場合は国債で賄う」と説明した。また、共産党と同じく大企業や富裕層の税負担強化も盛込んだ。

 一方、旧民主党政権で決めた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設は「沖縄との対話を重ね米軍再編に関する日米合意を着実に実施」と推進の立場を鮮明にした。

  ただ、民進、共産両党など野党4党は、参院選で野党を支援する「市民連合」との間で「沖縄の民意を無視した辺野古新基地建設の中止」との政策協定に合意している。岡田氏は会見で「齟齬(そご)はない」と強調したが、共産党は在日米軍基地撤去が基本方針で、野党間の違いも浮き彫りになった。

 憲法については「未来志向の憲法を国民とともに構想する」としたが、9条については「平和主義を脅かす改正に反対する」と明記した。ただ、公約作成に関わった党幹部は「国民から湧き上がる声はフラットに受け止め、ともに考えていく」と、議論自体は否定しない意向を示した。


関連記事

テーマ : 検証
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。