スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【RPE】日米印を敵に回した中国

 世界は確かに「RPE」と当ブログが望む方向に動いていますね。
陰で国祖神が糸を引いている、私はそう思います。安倍さんは「ついて」いる。
昨日、気が付いたのですが、ブログの世界でも「淘汰」が起きています。


【RPE】★ 日米印を挑発し、自滅に向う中国
       ロシア政治経済ジャーナル No.1407
   2016/6/18             北野幸伯
http://archives.mag2.com/0000012950/20160618054832000.html~?p=3)

 全世界のRPE読者の皆様、こんにちは! 北野です。
先日、薬指を怪我してしまいました。薬指が使えないだけで、何と不便なことか。(涙)記事を書く時間が、何倍も掛ります。

 さて、先日、中国とロシアの軍艦が、「尖閣周辺の接続水域に入った」というお話をしました。
(中露の意図に就いてはこちら
御存知の皆さんも多いと思いますが、実を言うと、中国はこの後、もっと大胆な行動を取っています。

 <中国軍艦が一時領海侵入 口永良部島周辺海域 海警行動は発令せず
 産経新聞6月15日(水)11時7分
 防衛省は15日、中国海軍の艦艇が鹿児島県の口永良部島周辺の領海に入ったと発表した。同海域の領海に中国艦が入るのは初めて。中国艦は既に領海を出ている。自衛隊に対して海上警備行動は発令されていない。政府は警戒監視を強めて情報収集を進めると共に、中国の意図の分析を急いでいる。
 防衛省によると、15日午前3時30分頃、中国海軍のドンディアオ級情報収集艦1隻が、口永良部島西方の領海を南東に進むのを海上自衛隊のP3C哨戒機が上空から確認した。
同艦は約1時間半後の午前5時頃、鹿児島県の屋久島南方から領海を出た。海自は中国艦に「日本の領海に入っている」と無線で警告した。>

 どうですか、これ?

 中国の軍艦は15日、尖閣周辺の接続水域どころか、鹿児島県の直ぐ南の領海に侵入していた! これ、非常に重大な事態ですが、知らなかった読者さんもいたのではないでしょうか? というのも、日本のテレビでは、殆んど報じられていなかったからです。
 確かに、「北海道の地震」、「舛添さん辞任」、「イチローの偉業達成」等、重大な出来事が他にもあったのは事実です。
しかし、「中国の軍艦が日本の領海に侵入した」事実を、ほぼスルーするテレビニュースって、何なのでしょうか? 他の国では、有り得ないことです。「メディアが、日本人の『平和ボケ』を助長している」と批判されても仕方ないでしょう。
 中国の挑発が激化している。事情を知る人は、日本の未来を心配されていることと思います。勿論、私も同じです。しかし、実を言うと、日本は「どんどん有利になっている」のです。
(勿論、油断は禁物ですが・・・)

中国は、日米印を挑発する

 「何故、中国の軍艦は、日本の領海に入ったのだろうか?」この質問に、産経新聞は、こう答えています。

 <防衛省幹部は中国の狙いについて「10日から同海域で行なっている日米印共同訓練『マラバール』に参加しているインド艦艇2隻を追尾した可能性もある」との見方を示している。>(同上)

 そうなんです。日本、アメリカ、インドは6月10日から、共同訓練を実施していたのですね。この訓練は、元々アメリカとインドが行なって来た。しかし、去年から日本も参加することになり、日米印の安保面での連携が強固になって来た。勿論、「対中国」です。この訓練絡みで、中国は、インドに対し酷い「挑発」をしています。

 <中国軍がインド北部に侵入 領有権主張、日米との連携強化に反発か
 産経新聞 6月15日(水)19時18分
 【ニューデリー=岩田智雄】 インドと中国が領有権を争い、インドの実効支配下にある印北部アルナチャルプラデシュ州に今月9日、中国人民解放軍が侵入していたことが分った。
 印国防省当局者が15日、産経新聞に明らかにした。
中国は、インドが日米両国と安全保障で連携を強めていることに反発し、軍事的圧力を掛けた可能性がある。中国兵約250人は、州西部の東カメン地区に侵入し、約3時間滞在した。>

 更に中国は、アメリカ軍も兆発しています。

 <中国艦、領海侵入した日に日米印の共同軍事訓練で米空母を追尾 
ニューズウィーク日本版 2016年6月16日(木)10時25分
 中国の軍艦が日本領海に侵入した15日、沖縄本島の東方沖で行なわれている日、米、インドの共同軍事演習「マラバール」にも中国艦の影がちらついた。
3カ国は対潜水艦戦等の訓練などを通じ、海洋進出を強める中国を牽制しようとしているが、中国は情報収集艦を派遣して米空母を追尾した。>

挑発で、中国の孤立は進む

 このように、日米印を挑発している中国。その結果は、どうなるのでしょうか? これ、別に専門家や研究者じゃなくても分ります。
日本、アメリカ、インドは、中国を更に警戒するようになるでしょう。そして、日本、アメリカ、インドの関係は、益々強固になる。中国は、益々孤立して行きます。 
 特に、インドを日米の方に追いやってしまうのは、中国にとって大きな失敗です。インドは、伝統的に「自立外交」を貫いて来ました。日本、アメリカ、ロシアと良好な関係を保ち、領土問題のある中国とも和解の道を模索していた。しかし、今回の事件で、インドは日米をより重視せざるを得なくなるでしょう。

何が起っているのか?

 最後に、これ迄の大きな流れを振返って見ましょう。
08年、アメリカ発「100年に1度の大不況」が起る。
09年、アメリカは沈み、中国は浮上した。中国は以後、凶暴化して行く。
10年、尖閣中国漁船衝突事件。中国は全世界で、「尖閣は我国固有の領土であり、『核心的利益』である!」と宣言する。
2012年9月、日本政府、尖閣を「国有化」。日中関係が、戦後最悪に。
12年11月、中国、「反日統一共同戦線」戦略を、ロシア、韓国に提案。「沖縄を奪う意志」を明確に示す。証拠はこちら
2015年3月、「AIIB事件」で、アメリカは、「中国打倒」に動き出す。
2015年9月、習近平訪米するも冷遇され、全世界が米中関係の悪化に気付く。
そして2016年。
最早誰も、「中国は、世界経済の牽引役だ」とは言わない。逆にソロスは、「ハードランディングは不可避」と宣言している。
中国経済の繁栄は終り、習近平は孤立を深め、益々攻撃的になっている。

 1937年、日中戦争が始った時、中国は、アメリカ、イギリス、ソ連を味方につけていました。孤立させられた日本が負けたのは当然だったのです。しかし、日本は今回、アメリカ、インドを味方につけています。
 ベトナム、フィリピンも味方。オーストラリア、東南アジア諸国も概して味方。
欧州は、フラフラし、「AIIB」、「人民元のSDR構成通貨入り」問題では、はっきり中国側につきました。しかし、今後中国経済が沈むに連れ、欧州も離反して行くことでしょう。
 
 中国側からの激しい挑発は続いています。しかし、孤立を免れている日本は、どんどん有利になっているのです。


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。