スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詐欺経済から脱却する方法

天野統康(あまの・もとやす)著 『世界を騙し続けた詐欺経済学原論 「通貨発行権」を牛耳る国際銀行家をこうして覆せ』 (ヒカルランド)

 この本は「経済学原論」と銘打ってあるとおり、あまり読み易い本ではありません。しかし、幾ら財政赤字を積上げても景気が良くならず、デフレ脱却が出来なかった理由は解りました。以下、私見を交えて解説します。

 先ず、アベノミクス以前に行なわれた、大量の赤字国債発行と財政出動が何故、景気回復やインフレに繋がらなかったのか? 答えは国債を民間銀行(や生・損保等)が引受けたからです。銀行等の金融機関が国債を買うために、投資資金を引上げた結果、トータルの通貨量(商品と交換出来る購買力)は変らなかった。だから、インフレになど成り様がなかったのです。何故なら、インフレとは購買力が全商品価格を上回ることによって起るものだからです。(インフレは基本的に通貨の増減によってコントロール出来る。出来ないように見せ掛けているのは詐欺)

 では、黒田日銀の異次元緩和はどうか。この場合は日銀が民間の国債を殆んど全部買上げて替りにマネーを供給しました。法律で原則禁止されている「日銀による国債引受」に等しいことをやった訳です。
 ところが、今度は、国債を売った金融機関が、その代金を「実体経済」に回さず、「金融経済」に振向けたのです。その結果、株が騰がり、円安になり、一部の不動産価格も騰がったけれども、物価は殆んど騰らず、景気もあまり良くならなかった。現在の経済学は「実体経済」と「金融経済」を分けていないので意味のない議論をしているだけです。だから詐欺経済学。

 実はデフレ脱却も景気回復も簡単なのです。政府が銀行にではなく、インフラ投資や国民一人一人に直接現金を支給すれば良い。但し、その財源は国債や税金とかではなく、新たに無から信用を創造するのです。実際に日銀も民間銀行もそれをやっています。紙幣を印刷しなくても、複式帳簿の左側に数字を書込むだけで通貨が増えるのです。政府の場合は、政府発行通貨を増やせば良い。インフレはコントロール出来るから心配ありません。
 因みに現在流通している硬貨は政府発行通貨です。紙幣も含めて無担保で幾らでも発行出来ることになっているそうです。(http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/kalent-1.htm
財政規律とか何とかが問題になるのは政府が国債を発行して、金融機関や個人から借金している所為で起るのです。わざわざそんなことをする必要はありません。

 日銀などは潰すか国有化して日銀の資産になっている国債を全部償却してしまえば経済の問題は皆解決します。(未だ民間に残留している国債は政府通貨で買取って償却。一定期間後に全部無効化) 
但し、これを実行するには、最強の闇の勢力を屈服させなければなりません。以前、ご紹介した「ザ・リアルインサイト」さんの情報が真実なら、その可能性があります。⇒(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-1367.html
 

マネーの詐欺学解説

1.通貨問題に関しては自由民主主義諸国の教科書も堂々と嘘を吐く。歴史を書くのは常に権力側であることを意識化せよ。p109

2.ファシズムや一党独裁型社会主義のように、多くの人が拒否する要素を持つ勢力を支援し、頃合が来たら崩壊させる手段を意識化せよ。p120 (註: 多分、今の中国もそうなる)

3.国際銀行家のマネー支配に対抗する最大の武器は、マネーの管理がし難いネットであり、クチコミであることを意識化せよ。p128

4.資本主義の通貨の性質について、我々は現在迄学ぶことが出来て来なかったことを意識化せよ。p138

5.主流の経済学は、徹頭徹尾国際銀行権力の通貨発行権の利権について述べていないことを意識化せよ。p145

6.複式簿記の仕組を徹底的に軽視して来たのが今迄の主流の経済学であることを意識化せよ。p150 (註: 中銀も市中銀行も複式簿記を使って、無から通貨を創造、消滅させている。これによって、経済を自在に操縦出来る)

7.現在の中央銀行はお札を印刷したり、無くしたりすることで通貨を増減させている訳ではない。帳簿に数字を記入するだけで通貨を増減させていることを意識化せよ。p159

8.国際銀行権力は、通貨が何処に向っているのかを理解させないようにし、社会を操作していることを意識化せよ。p170

9.教科書の信用創造の説明が、理解し難い代物になっているのは、市民を経済音痴にさせるためであることを意識化せよ。p177

10.中央銀行さえ牛耳ってしまえば、経済全体の変動をコントロール出来ることを意識化せよ。p196

11.デフレ不況の克服に左程有効でない財政政策を大規模に行なわせ、政府や自治体を借金漬けにしたのはマネーの詐欺学であることを意識化せよ。p238

12.中央銀行が行なっている量的緩和政策は、実体経済の目標インフレ率の達成を掲げて行なっているが、実体経済には向わず金融経済にばかり向う。格差社会を必然的に作り出す政策であることを意識化せよ。p250


関連記事

テーマ : 考察
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。