スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全て予定のとおり

 面白いことに、野党の岡田克也代表が安倍内閣を支援してくれています。お蔭で消費増税の再延期はスムースに行きそうです。公明党の山口那津男代表もテレビでは「予定どおり増税すべきだ」と言いながら主相の決定には反対しないようです。稲田朋美自民党政調会長も同様。財務省の完敗です。
 熊本地震で遠のいたかと思われた衆参同日選挙も対応が適切だったので再び可能な情勢になって来ました。
来週は伊勢志摩サミット、オバマ大統領の広島訪問、大型景気対策を打って愈々決戦の夏です。


YAHOO! ニュース
<安倍首相>同日選を視野 消費増税の再延期検討 
      5月19日(木)6時1分             毎日新聞    
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000007-mai-pol

◇16年1~3月期GDP速報値 個人消費の回復鈍く

 安倍晋三首相は18日発表の2016年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報値で個人消費の回復が鈍かったとして、来年4月に予定されている消費税率10%への引上げを再延期する検討に入った。
予定通り増税した場合、デフレからの脱却が困難になると判断している。これに伴い、衆院を解散し、夏の参院選と同時に衆院選も行なう衆参同日選を視野に入れる。政権の経済政策「アベノミクス」継続への支持を訴える考えだ。

 首相は26~27日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)での議論を踏まえ、消費増税先送りと衆院解散に踏切るかを最終判断する方針だ。今国会の会期末は6月1日。公職選挙法の規定から同日選に踏切る場合、6月1日に衆院を解散し、7月10日に衆参両選挙を実施する日程となる可能性が高い。

 1~3月期のGDP速報値は2期ぶりのプラスで年率換算で1・7%増だったが、個人消費の伸びは、閏年で1日多かった影響を除けば小幅だったとの見方が強い。首相は18日の党首討論で「(14年4月に)消費税を引上げて以来、(個人)消費が弱いのは事実だ。その弱さは我々の予想以上で、そこに注目している」と強調した。

 消費増税の判断については、「リーマン・ショック或いは大震災級の影響のある出来事がない限り引上げを行なう」と従来の答弁を繰返したものの、そうした状況に該当するかは「専門家に議論して貰い適時適切に判断したい」と明言を避けた。

 また、党首討論では民進党の岡田克也代表が「もう一度、消費税の引上げを先送りせざるを得ない状況だ」と明言。増税先送り自体は争点にはならない見通しとなり、首相の再延期判断を後押しする形となった。予定通りの消費増税実施を求めて来た公明党内でも「首相が決めれば従う」(幹部)と増税先送りの容認論が出ている。

 一方で、首相は前回、15年10月に予定されていた消費税率10%への引上げを14年11月に延期した際、「再び延期することはない」と明言していた。首相が同日選を視野に入れるのは、前回の延期を決めた後、その判断について「国民の信を問う必要がある」として解散に踏切った経緯があるためだ。

 同日選については、熊本地震の発生後、実施は困難との見方が強まっていた。しかし、熊本地震の復旧・復興のための16年度補正予算が成立し、復興の道筋が付いたとして「同日選の障害にはならない」(首相周辺)との判断に傾いている。地震対応等への評価から内閣支持率が堅調なことも影響している。

 首相は伊勢志摩サミットで財政出動を行なう必要性を強調する考えで、サミット終了後に大規模な経済対策の検討を指示するものと見られている。一連の経済政策に就いて、国民の理解を得るためにも参院選だけではなく、同日選に踏切るべきだとの意見も首相周辺から出ている。【古本陽荘】


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。