スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海底資源「夢の泥」は今(3)

 猪瀬直樹・前東京都知事は都下の南鳥島沖のレアアース泥(でい)開発支援を公約に掲げていたそうです。残念ながら徳洲会事件で辞任に追込まれ頓挫してしまいましたが。
前任の石原慎太郎氏は尖閣諸島を東京都で買取ろうとした程の愛国者です。
現在の舛添要一都知事はどうなんでしょうかね。多分、知らん振りでは。(最近の政治資金疑惑釈明会見を見た「ねずさん」が、あれは例の「号泣議員」と同じ「李氏朝鮮文化そのままのカタチ」と写真入りで書いていました。5/14の記事
 要するに、中・韓国人のDNAには我身を捨てて公(おおやけ)のために尽すというコードは入っていないのです。日本人は何時迄も「お人好し」をやって、騙されていてはいけません。

 
中国依存 安全保障に影響
    2016.5.5 09:00           産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/160505/prm1605050003-n1.html~n2.html)
  
  平成24年12月の東京都知事選で当選し、1年後に徳洲会事件で辞職に追い込まれた猪瀬直樹(69)は、南鳥島(東京都小笠原村)沖の排他的経済水域(EEZ)内のレアアース泥(でい)開発支援を公約に掲げていた。

 同年10月、副知事だった猪瀬は、南鳥島沖のレアアース泥について東大教授の加藤泰浩(54)が、当時知事だった石原慎太郎(83)に説明する場に同席した。話を聞きながら猪瀬は「こりゃ、やらなきゃしようがない」と思ったという。

 「国の動きを見ながら、東京がやるつもりだった。突然辞めることになると思ってなかったから何も出来なかったが…」。猪瀬はそう振返り、「中国に頼らず、自前で資源を開発出来る。『国家観』が問われた問題だ」と話した。
                ×  ×
 「日本でレアアースと言うと、電気自動車のモーターが作れなくなるという平和な話に成り勝ちだが、安全保障問題が絡んでいる」。資源エネルギーや外交安全保障を専門にしている東京財団研究員、平沼光(49)はこう指摘する。

 平沼によると、尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の中国漁船衝突事件があった22年9月には、米国内でレアアースの自給体制を確立する法案が米下院で短期間で可決された。その3カ月後、米エネルギー省は「クリティカル・マテリアル・ストラテジー(戦略)」というリポートを公表し、レアアースの重要性を指摘した。材料、素材としてなくてはならない必須金属であるにも拘らず、供給上の不安がある金属を「クリティカル・メタル」と呼ぶ。米国は17種類の元素の総称であるレアアースを「クリティカル・メタル」と看做している。

 平沼は「米国は経済、産業は勿論、安全保障でも供給リスクが高いと考えている。防衛装備品に影響するという危機感は強い」と話す。

 レアアースは、巡航ミサイルやスマート爆弾等の誘導・制御システムの他、戦車や携帯用火器のレーザー照準システム等にも使われていると言う。レアアースは小型化、軽量化に貢献し、最新軍事技術に欠かせない。米国にはレアアースは、一国の問題ではなく、グローバルな課題との認識があるのだ。
            ×  ×
 南シナ海を巡って緊迫が高まる米中の2大国。米地質調査所によると、2014(平成26)年のレアアース生産量のトップは中国の86%。米国は2位だが6%に過ぎない。安全保障上の「クリティカル・メタル」が中国に独占されているのだ。平沼は言う。「パワーバランスから見ると、厄介な話だ」

 加藤の調査によると、南鳥島沖のレアアース泥は、ハイテク製品や防衛装備品に欠かせない重レアアースが50%を占める。重レアアースは中国の陸上鉱床の2倍あると推定されている。 南鳥島沖の「夢の泥」を開発し、日本が同盟国に輸出する資源国となる。そんな「国家観」があっても良いのではないか。=敬称略(編集委員 斎藤浩)


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。