スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなのが日本の元主相!?

 この人、韓国では「良心派」として歓迎され、もてはやされているそうです。日本人の顔をした外国身魂の筆頭ですね。本人は自分が正しく、安倍総理が間違っていると信じ込んでいるようですから、人間とはつくづく度し難い生物だと思います。


     韓国人「この謝罪は第一歩に過ぎない、次は天皇と安倍の謝罪だ!」
     d4059533.jpg

837f861e-s.jpg
画像転載元: (http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51899234.html


1.鳩山元首相、日中関係悪化は「日本に責任。脅威論煽るな」。右傾化は2位の経済大国への“嫉み”? またも驚きの持論を披露
      2016.4.4 20:35         産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160404/wor1604040046-n1.html~n2.html)

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報のウェブサイト「環球網」は3日、鳩山由紀夫元首相が東京都内で中国メディアの訪日団と会見し、日中関係の悪化に就いて「日本政府に逃れられない責任がある。中国脅威論を煽り立てるのを止めるべきだ」と安倍晋三政権を批判したと報じた。

 環球網によると、鳩山氏は「日本政府は過去の侵略の歴史を反省、謝罪しなければならない」と言及。尖閣諸島(沖縄県石垣市)を巡っても「領有権を回る争いがある現状を明確に認めなければならない」と持論を述べた。 

 また鳩山氏は世界第2位の経済大国となった中国に対して、日本が「羨望、嫉妬、恨み」を持っていると主張。「経済低迷によって日本社会は右傾化が著しい。何らかの“刺激”により経済を動かそうとしたことが、安全保障法制の整備を進めた理由の一つだ」と述べたと言う。


2.相次ぎ訪韓した安倍首相と鳩山元首相―将来に禍根残すのはどちらだ?
     2015.11.19 16:56         産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/151116/prm1511160013-n1.html~n2.html)

 今月、日本の現首相と元首相が相次いで韓国を訪れた。(註: 昨年11月19日)
安倍晋三首相は1日の日中韓首脳会談に続き、2日にはソウルの大統領府で朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談した。朴大統領は会談前から、慰安婦問題の年内解決を主張。会談では「早期妥結」を目標に協議を続けて行くことで双方が一致した。但し、安倍首相は歴史認識問題に拘る朴大統領に対し、日本の首相として言うべきことは言ったそうだ。日本側の立場として、慰安婦問題が「将来の世代の障害にならないように」とクギを刺した。

 首脳会談について韓国では「韓日関係改善へのきっかけに」(韓国紙)と安堵(あんど)の思いが感じられた半面、韓国の言いなりにならない安倍首相に対し、どこか「面白くない」、「気に入らない」といった不満感も窺えた。

 首脳会談の直後、今度は鳩山由紀夫元首相が韓国にやって来た。
メーンイベントは5日のソウル大学での特別講演。1時間を優に超える講演の内容は、安倍首相と安倍政権への批判一辺倒だった。安倍首相が8月に発表した戦後70年の談話について鳩山氏は「侵略、植民地支配、反省と謝罪の言葉は盛込まれていたが文脈はとても納得の行くものではない。反省や謝罪の気持ちとしては伝わらなかった」と批判した。

 更に、「首相は自らを愛国者と履き違えているのだろうが、真の愛国心とは、過去の歴史的な事実に目を瞑らず、過ちには謝る勇気を持つことではないか。このような内容になってしまったことを申訳なく思う」と安倍首相に“代って”謝罪した。更に「韓国政府も中国政府も安倍談話に大人の対応を示して頂いたことは有難い」と逆に感謝迄した。

 9月に成立した安保関連法に就いても「明らかに憲法違反だ。安倍首相は自分が憲法より上にいるとでも思っているのか」とこき下ろし、挙句の果てには「安倍政権は中国脅威論を煽り、尖閣諸島周辺の自衛力を高めようとしている。(9月の)抗日勝利70周年の式典で30万人の兵力削減を約束した中国の習近平国家主席を見習うべきだ」と習主席を激賞する始末。

 鳩山氏は、8月に訪韓した際、日本統治時代に独立活動家等が収監されたソウルの西大門刑務所跡地を訪問し、追悼モニュメントの前で膝まずき、謝罪した。今回の講演では、自らの行ないが日本国内で批判を受けたことにも言及し、「日本全体が右傾化しているように思うが、日本の政権がこのような雰囲気を作り出しているように思える」と、自身の正当化も忘れなかった。

 講演には、学生や学者、市民らが大勢訪れ、鳩山氏の熱演に盛んな拍手を送っていたが、余りの安倍首相批判に講演の司会者等も驚いていたようだ。韓国では、村山富市元首相等日韓の歴史問題について“素直に”反省する日本人を「良心派」と呼ぶ。鳩山氏も今や完全に良心派として韓国では歓迎され、もてはやされている。

 リップサービスのようにも聞えるが、本人は心から反省の意を込めて語っているのだろう。韓国の聴衆は安倍首相の主張を塗替え、修正するような言葉に「やはりそうか。安倍は間違っているのだ」と安心、納得したような表情を見せていた。

 鳩山氏が韓国で何を話そうが、それは基本的に鳩山氏の自由だ。しかし、韓国側が主張する歴史認識に、一方的に同調する鳩山氏の発言は、日本に反省を求め続ける韓国世論を勇気付け、火に油を注いでいるかのように映る。

 安倍首相が言ったとおり、「将来世代の障害にならないように」しなければならない。現首相と元首相がソウルで発した言葉。どちらが将来の世代に禍根を残すことになるのだろうか。(ソウル支局編集委員・名村隆寛)


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。