スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイヨウタンポポの移植

 昨日の朝は何と真冬のような雪景色でしたが、日中は陽射しがとても暖かで梅も満開、桃や桜の蕾も膨らんでいます。

 さて、今年は彼方此方に自生しているセイヨウタンポポを根こそぎ掘り出して畑に植え替えるという初めての試みをやってみました。
根を食用にするのが目的です。肥しの効いた柔らかい土壌に生えるとびっくりする位、大きくて太い根茎になることを確かめています。
癌を消滅させる他、漢方の万能薬「高麗人参」のような効能が期待出来そうです。
参考過去記事: 「セイヨウタンポポの根茎

 根を掘るためには、全鋼製の重い「山芋掘りテコ」を使いました。それでも根が長く脆いので必ずと言っていいくらい途中で切れますが、活着に問題はないと思います。(先の方が丈夫な刃物になっていて、石に当っても刃こぼれしません)
       100000001002111845_10204.jpg

 セイヨウタンポポのロゼット葉 (クリックして拡大)  eab6d062.jpg
画像引用元: (http://blog.livedoor.jp/omi0220/archives/52306827.html



関連記事

テーマ : にちじょー
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。