スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアは本当に反日国家か?

 北野氏が言うとおり、ロシアが潜在的な親日国家であるならば、これは日本にとって大変な僥倖であると言わざるを得ません。
現時点ではアメリカが日露接近を警戒して牽制していますが、何れ米露和解が進み、日本自立の機運が高まって来れば情況が変って来るでしょう。特にトランプ氏が大統領になれば、流れが劇的に変ります。
 日本政府も北方領土問題を棚上げしてでも、日露友好を促進する方向へ戦略転換するべく、今から世論対策等しておくべきです。肝心なのは領土返還ではなく、経済協力です。
ロシアが日米側につけば、中国・北朝鮮等恐れるに足りません。その上、インドを加えれば文句なしに圧勝です。


【RPE】★ ロシアは、世界有数の「親日国家」なのか?
       ロシア政治経済ジャーナル No.1361
     2016/3/25             北野幸伯
http://archives.mag2.com/0000012950/20160325000000000.html

 全世界のRPE読者の皆様、こんにちは! 北野です。

 読者の鳥人様から、こんなメールを頂きました。

 <ロシアって、世界有数の親日国だったって、本当でしょうか。
いつもメルマガ拝見させて頂いている鳥人と申します。ロシアが親日国である、それも、「世界有数の」という認識って私のみならず殆んどの日本人には無いと思います。
親日国と言うと、一般的には先ず「台湾」と、最近では「インドネシア」やその他のアセアン諸国・・・という認識であろうかと思いますが、ロシアが親日国とは。
 私の認識では日露戦争での恨みを持続け、それを大東亜戦争の終戦直前に不可侵条約の一方的反故とシベリア抑留者に対する非人道的な扱い、そして、現在に至る迄の北方領土の占拠・・・。そして、最近では中共の反日戦線への協力や、抗日パレードの開催や中共式典への参加・・・。
これの何処が「世界有数の親日国」なのでしょうか。(以下略)>(●全文は、「おたよりコーナー」に掲載)

 鳥人様の「ロシア認識」、日本では極めて一般的だろうと思います。説明が必要でしょう。先ず、鳥人様が、この質問を送って来られた背景から。
3月12日号で、「中国との情報戦争は、既に始っている」という話をしました。
【転載ここから▼】
 <2.戦争に「情報戦争」も含めた場合、軍事力を使うだけでなく、「情報戦」も戦争に含める場合があります。このケースでは、「戦争は既に始っている」と考えられます。勿論、始めたのは日本ではなく、中国です。
 日本は「情報戦=戦争」を考えないので、「サンドバック状態」にある。(例えば、中国は最近、国連で、「女帝を認めない日本の皇室は女性差別だ!」という運動を開始しています)
では、何時「情報戦争」は始ったのでしょうか? 2012年11月に始ったのです。何故始ったのでしょうか?
 2012年9月、日本政府は、尖閣を「国有化」しました。これに中国が激怒して、「情報戦」を開始したのです。とは言え、目標は情報戦に止まらず、「尖閣のみならず、沖縄を中国領にすること」にあります。
昔からの読者さんは、もう聞き飽きていますね。そう、「反日統一共同戦線」戦略のことです。
 2012年11月、モスクワを訪問した中国代表団は、今後の「対日戦略」を明らかにしました。「平和ボケ」している日本人には、全く想像も出来ない驚愕の戦略です。骨子は、

1.中国、ロシア、韓国で【反日統一共同戦線】を創りましょう。
2.中国、ロシア、韓国で、日本の領土要求を断念させましょう。日本に断念させる領土とは、「北方4島」、「竹島」、【沖縄】。日本に【沖縄】の領有権は無い!
3.中国、ロシア、韓国に止まらず、【アメリカ】を「反日統一共同戦線」に引入れましょう。
 これ、新しい読者さんは、「トンデモ陰謀論」と思うでしょう? 証拠のページを貼り付けておきますので、必ずご一読下さい。いえ、日本人には想像も出来ない内容ですから、10回位読んで「事の重大さ」を理解して下さい。証拠はこちら。>
【転載ここ迄▲】

 メルマガでは、「孫子の教えを使って、中国の戦略を無力化させる方法」に就いて解説しました。

【転載ここから▼】
 <最上の戦い方は、敵の謀略、策謀を読んで無力化することであり、その次は、敵の同盟や友好関係を断切って孤立化させることである。>

 どうやって? 私達は、既に中国の謀略、策謀を知っています。骨子は、
1.中国、ロシア、韓国で【反日統一共同戦線】をつくりましょう。
2.中国、ロシア、韓国で、日本の領土要求を断念させましょう。日本に断念させる領土とは、「北方4島」「竹島」【沖縄】。日本には【沖縄】の領有権はない!
3.中国、ロシア、韓国に止まらず、【アメリカ】を「反日統一共同戦線」に引入れましょう。これは、中国の「戦略」であり、「謀略」、「策謀」です。
 無力化させる方法は、簡単ですね。中国が「反日統一共同戦線」を創りたいアメリカ、ロシア、韓国と強固な関係を築いて行けば良い。本当に簡単でしょう?

 上にも書きましたが、皆さん、最近中国少し大人しくなったでしょう?
「景気が悪くなって来たから」と思うでしょうが、実際は2015年5月から良くなって来ました。3000人の訪中団が大歓迎された。何故か?
安倍さんが、知ってか知らずか「孫子の教え」に従い、「アメリカを反日統一共同戦線に引入れる」という中国の「謀略」、「策謀」を「無力化させた」からなんです。(私註: これは安部総理の「希望の同盟演説」のことで、日米関係が、かってない程良好になった。3000人の訪中団は、これに対する二階俊博等、親中派の巻返しでこれを台無しにする戦略的大失敗)
 これで、日中戦争(実戦)の可能性は、大分減りました。中国も、日米と戦争する程馬鹿ではない。(私註: 日米関係が良好であれば、中国は手が出せない)
そして、韓国との電撃和解。様々な問題はありますが、孫子の観点からすると、中国の「謀略」、「策謀」を「無力化させた」とも言えます。残るはロシアですね。

 日本と米韓の関係は良くなっていますが、日露関係は、益々悪化しています。会う度会う度「島返せコラ!」等と言わず、もっと戦略的に考えて欲しいと思います。
「島返せ!と言うのは当然」と皆さん思うでしょう。そのとおりです。しかし、日本政府は、世界有数の「反日国家」韓国に対し、「竹島返せコラ!」とは決して言わない。
 その一方で、世界有数の「親日国家」ロシアに対しては、「島返せ!」以外の話は殆んどしない。(私註: 裏でしている可能性はあると思っています。現時点ではアメリカが反対だから表には出せない) 
だから、ロシア政府は、どんどん反日になっているのです。実際、ロシアが日米側につけば、中国と戦争が起る可能性は、ほぼゼロになることでしょう。>
【転載ここまで▲】

 この最後の方のフレーズ、

 <日本政府は、世界有数の「反日国家」韓国に対し、「竹島返せコラ!」とは決して言わない。その一方で、世界有数の「親日国家」ロシアに対しては、「島返せ!」以外の話は殆んどしない。>

 を読まれた鳥人様は、「ロシアは、世界有数の親日国家なのか~!!!???」と疑問を持たれたのですね。
その気持解ります。日本で「ロシア」と言えば、「北方領土問題」と「シベリア抑留」以外、殆んど何も浮ばない人が殆んどですから。

私が「自虐史観」から脱却した理由

 私は1990年、モスクワ国際関係大学に留学しました。それで、一番驚いたのは、「ロシア人が親日だったこと」です。ロシアは、当時「共産ソ連」だった。だから、日本を「日帝」等と呼び、嫌っているのかと思っていた。しかし、全然違っていました。
 ロシア人だけではなく、世界中から来ている留学生達も、皆日本が好きでした。
その後、色々な国を旅行しましたが、何処に行っても「日本人」というだけで歓迎されました。私は、「日本は悪い国。日本人は悪い民族。全世界が日本を嫌っている」という「自虐史観」は、間違いであることに気が付いた。
 それで、メルマガや本で、「自虐史観は捨てましょう」と書いています。

ロシアは何故親日なのか?

 その後、私は「何故ロシア人は親日なのだろう?」と思い、注意して話を聞くようになりました。理由は、色々あります。

1.日本高品質製品のパワー。
 私が来た1990年代の初め、ロシア人は、「日本の家電で家を埋め尽す」ことを夢見ていました。当時、日本の家電を自由に買うことは出来なかった。しかし、その品質の高さは、「伝説」になっていたのです。
 「日本車は?」と思いますね。日本車については当時、あまりにも遠過ぎて、「夢にも思えない状態」だったのです。
その後、残念ながら日本の家電業界は、衰えました。しかし、未だに「日本製品は超高品質」という信用は保たれています。

2.日本は、「理想の国」?
 これは、大学の教授等からよく言われました。ロシアは、当時ソ連だった。そして、共産ソ連が目指したのは、「万民が平等で豊かな国」だった。ところが、事実は「万民が平等で、【貧しい国】」になってしまった。
 日本は当時、「90%の人が、自分のことを『中流』と考えている」非常に「豊か」で「平等」な国でした。世界の共産国家の人達は、「おお!私達の理想が、日本で実現しているぞ!!」と驚嘆していたのです。

3.日本文化への憧れ
 「金儲け」を最上の価値に置かなかった共産国家ソ連。人々は、極めて文化的な生活を送っていました。子供の頃からプーシキンの詩を暗記させられる。そして、バレーやクラシック音楽、スポーツ等の分野で、異常な強さを誇っていました。
 そんな彼等は、日本の「武士道」、「禅」、「俳句」等に興味を持ち、一種の憧れを持っていました。(私註: プーチンの柔道を思い出します)
最近も、友人の誕生会に行ったら、友達の友達が、「芭蕉の句」をロシア語で披露しました。「北野知ってるか?」と聞かれ、知らなかったので恥ずかしかったです。(涙) 他の人が、「歌舞伎の歴史」に就いて話し始めたので、私は速攻話を逸らしました。(笑)

 思い付く儘挙げましたが、ロシア国民が「親日」なのは、当時も今も変りません。しかし、私一人が言っても、あまり信用出来ないですね。他の人の意見も紹介しておきましょう。
「龍馬プロジェクト」の神谷先生。昨年モスクワに来られ「ロシア人が親日であること」に気が付きました。そのことを、超カリスマ「ねずさん」に報告されています。
・ 神谷先生が会ったロシア人の、対日観は?
・ ロシア人は、北方領土問題をどう考えているか?
・ 日本は、ロシアとどう付き合うべきなのか?
 二人のカリスマが、とても有益な話をされています。是非御覧になってみて下さい。⇒(https://www.youtube.com/watch?v=RqzWGr5StB4&list=PL6mu43UnNThB9E_MzFdjCyIbOWitkuQCd&inde


関連記事

テーマ : 検証
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。