スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想念・言葉・現実

 想念と言葉と現実は繋がっていますが、其々別の存在です。
三次元の世界で想念を現実化するには原則として物理的な行動が必要です。それが、この世界のルールです。(一部の超能力者は想念だけで物質化が出来る)
ですから、想っているだけの人や、言葉だけで何もしない人は、直接的に現実を変えることは出来ません。言葉で他人を動かし、間接的に現実を変えることは可能です。そのためには、真実の言葉を用いる必要があります。


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 言葉のパワー        2016-04-01
http://ameblo.jp/oranger13/entry-12145365187.html

 俺はオレンジャー! 
君達は思ったことを現実化させる時に必ず言葉の力を使っている。
言葉によって認識をして、言葉によって思考をして、その結果行動が起り、現実が動く。


 自分の思いやインスピレーションを言葉にした時、その時の感情をきちんと観察した方が良い。言葉にすることで、何か違和感や自分の本当の思いが現実的に把握出来るようになる。

 親友や恋人、パートナー等に自分の思っていることを話すことで、改めて自分が考えていることが、自分が本当に欲していることなのか、ただ理解して欲しいことなのか、自分の承認欲求を満たすだけの仮想のことなのか、それが判る筈だ。

 この感覚を持っていれば、だんだん君達の現実化チューナーが鍛えられて行き、何れは全てのことを現実化させることが出来るようになるだろう。

 自分の言葉を観察すること。その時の感情を観察すること。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。