スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育士の給料を上げる

 当ブログの過去記事「日本の人口減少問題解決法」で、“北野氏の提案は、「結婚出来ない最大の理由」=「非正規雇用」の問題を無視している点で実効性に疑問があります。”と書きましたが、この記事では保育士の待遇を改善して非正規社員に保育士になって貰うことを提案しています。
 これは、保育士不足を解消する一助にはなるでしょうが、非正規雇用の問題を根本的に解決することは難しいでしょう。第一、保育士は適性の問題から誰でもなれる職業ではありません。やはり、ベーシック・インカム。 


【RPE】★ 安倍総理、「保育士の給料を上げる!」宣言
       ロシア政治経済ジャーナル No.1355 
     2016/3/16           北野幸伯
http://archives.mag2.com/0000012950/20160316000000000.html)  

 全世界のRPE読者の皆様、こんにちは! 北野です。

安倍総理が、「保育士の給料を上げる」ことを約束されました。

 <保育士の待遇「今春にも具体的な改善策」 安倍首相
    朝日新聞デジタル 3月11日(金)12時20分配信

 安倍晋三首相は11日の参院本会議で、待機児童解消に向けた保育士不足への対策として、保育士の待遇改善の具体策を今春に示す方針を明らかにした。
「保育園落ちた日本死ね!!!」と題した匿名ブログに端を発した一連の問題を受け、首相が給与面での保育士の待遇改善に踏込んだのは初めて。>

 これは、メチャクチャ「良いこと」だと思います。何故でしょうか?

「ソ連崩壊後」のロシアで見た惨状

 私が「賛成」したり「反対」したりするのは、「論理」もそうですが、「実際に見たこと」がベースになっていることが多いです。
例えば、私は「3K移民の大量受入れ」に昔から反対しています。これは、ロシアが「3K移民大量受入れ」で大変なことになったのを、この目で見ているからです。
 今回は、「保育士の給料を上げる」という話ですが、これに関連して、1991年12月、ソ連が崩壊しました。翌92年は、2600%のインフレでした。これは、物価が一年間で「26倍になった」という意味。別の言葉で、「貯金の価値が一年間で26分の1になった」。
例えば、1億円貯金があった。その価値は1年後、380万円相当になってしまった。
国民怒りますね。その後、ロシア国内は大変なことになって行きます。
最も「弱者の立場」に置かれたのは、
・ 警察官
・ 軍人
・ 教師
・ 医者
・ 保育士
 等でした。
ロシアは、ソ連時代「共産国家」。全国民が「公務員」でした。92年から急激な「民営化」が行なわれて行きます。しかし、
・ 警察官
・ 軍人
・ 教師
・ 医者
・ 保育士
 等は、相変らず国の管轄下にある。(今では、民間の学校、病院、幼稚園、保育園もあります) ところが、ソ連崩壊で国に金がない。金がないから、予算を大幅に減らす。結果、
・ 警察官
・ 軍人
・ 教師
・ 医者
・ 保育士
 等は、とても「貧しく」なってしまったのです。
綺麗事は抜きにして、貧しさは、一部の人を悪に駆立てます。
警察官は90年代、外国人を見付けると、片っ端から「職質」していました。
 法的にちゃんとした身分の人でも、イチャモンを付け、「拘留するぞ!」と脅し、事実上「カツアゲ」をしていたのです。私も、何度か止められ、金を巻上げられました。
知合いのベトナム人は、一日に3回も止められ、家に帰る迄に、「財布が空になった」と嘆いていました。
今は随分マシになりましたが、90年代、外国人はロシアの警察官をとても恐れていたのです。
 軍人の汚職も、話題になりました。記憶に残っているのは、「将軍が、兵士達に家を建てさせていた」という話。勿論、「タダ働き」です。
 病院に行くと、「賄賂を渡さなければ、見て貰えない」ような状況になりました。
学校や、幼稚園、保育園は、金がないので、様々な口実を見付け、親にお金を請求せざるを得ない状態になりました。
 ロシアは90年代こんな状況でしたので、ソ連時代「自由」、「民主主義」に憧れていた人達も一瞬で幻滅したのです。
そして、国民は「秩序」と「安定」を求め、KGB出身のプーチンを心から歓迎しました。
私は90年代のロシアを見て心から思いました。
・ 警察官
・ 軍人
・ 教師
・ 医者
・ 保育士
 等々が貧しくなると、「国家はボロボロになる」と。

「保育士」は「聖業」

 ちょっと極端な話でしたが、国は「保育士」の皆さんを全力で大切にすべきです。
先ず、お母さんは、お子さんを保育園に預けることで、安心して仕事をすることが出来ます。
 2番目に、保育所があると、お母さんは幸せでいられます。私も子供が2人いるので良く解ります。
子育ては、「喜び」と「苛立ち」が共存しています。子育てに関わる人が多い程、喜びは増え、苛立ちは減って行きます。
 一番大変なのは、お母さんが事実上一人で子育てしている場合。これは、大変なストレスです。
お父さんが子育てに参加し、おじいちゃん、おばあちゃんが子育てを手伝い、保育所にも手伝って貰う。こういう状態なら、お母さんは、喜びに満ちて子育てをすることが出来るでしょう。 お母さんが幸せであれば、子供もきっと幸せであるに違いありません。
 3番目に、保育士の皆さんは、「日本の未来を育てている」ということです。大袈裟ではありません。保育士さんが預かっている子供達はやがて成長し、大人になり、仕事をするようになるでしょう。
その保育士さんが、長時間労働で、安月給で、「あ~、しんどい! 何で俺は、こんな安月給で、煩いガキの相手をしなきゃあならねえんだよ~」なんて心の中で思っていれば? 
そんな人に、大切な日本の未来を預けたくないですね。そうではなく、「私は、日本の将来を担う子供達を育てている。責任重大だ。大切にこの子達を守って行こう!」という志ある人に見て貰いたい。
 という訳で、保育士は、当に「聖業」。
国は、「十分な給料」で、保育士さんを守るべきでしょう。
因みに保育士さんの平均年収は、310万円程だそうです。月額26万円弱ですね。
正社員の平均年収は、2015年時点で415万円だそうです。
 ですから、保育士さんの給料も、正社員の平均年収並に、徐々に引上げて行く必要があるでしょう。
因みに、日本の就労人口の約4割を占める非正規社員。平均年収は、約170万円だそうです。

 安倍総理のイニシアチブで、保育士さん達の待遇を改善する。その後、非正規社員の人達に、「勉強して保育士になりませんか?」と呼掛ければ、「私もやってみようかな」という人もかなりいるのではないでしょうか?

 という訳で、「保育士」は「日本の未来を育てる聖業」。政府は、是非待遇改善に、取組んで頂きたいと思います。


関連記事

テーマ : 検証
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。