スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊迫する朝鮮半島情勢

 今朝は真っ先に世界のマーケットをチェックしました。
米株と香港(上海は未だ春節休場)株の下げがやや中途半端なので、急激な円高には為替介入も警戒され、未だ本格的な大崩落と迄は行かないでしょう。

 さて、昨日は菅沼光弘氏の話を視聴しました。私が理解したその骨子は、

1.北朝鮮の核技術は、先の大戦中の日本の研究を土台に、旧ソ連が育てたものであり、ソ連崩壊後も研究者を連れて来て継続し、70年の歴史を持つ。従って、水爆の小型化を含め日本が想像する以上に進歩している可能性がある。
2.金正恩氏の長期的な戦略は、アメリカと朝鮮戦争(未だ終っていない)の終戦協定を結び、在韓米軍を撤収させる。その後、北主導で半島を統一することにある。
 従って、現在最も窮地に陥っているのは韓国であり、半島有事の際には、韓-米ー日の繋がりで日本にも塁が及ぶ可能性が大きい。この大事な局面で北との人的交流を断ち、自ら北の情報を遮断する如き独自制裁は自殺行為に等しい。と言うものです。

 もし、アメリカが金正恩氏を中国包囲網の構築に利用出来ないと判断したら、下記記事が示唆するように、「抹殺」という選択肢も充分在り得ます。


金正恩氏が震え上がる?“要人”暗殺担う米特殊部隊が韓国入り 米軍、攻撃型原潜も派遣へ 
      2016.2.11 19:49           産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160211/wor1602110035-n1.html~n2.html)

 【ソウル=藤本欣也】 韓国聯合ニュースは11日、米軍が来週、韓国に攻撃型原子力潜水艦「ノースカロライナ」を派遣すると報じた。巡航ミサイル・トマホーク等を搭載した同艦の派遣で北朝鮮による軍事的挑発を牽制する狙いがある。

 3月には米原子力空母「ジョン・C・ステニス」も参加し、韓国近海で史上最大規模の米韓合同軍事演習が行なわれる予定で、北朝鮮への軍事的圧力を一段と強める。

 米軍は核実験後の1月10日にB52戦略爆撃機を韓国に一時派遣したのに続き、B2ステルス戦略爆撃機やF22ステルス戦闘機の派遣も検討しているという。

 また、韓国国防省は11日、米韓両軍が、最精鋭の空挺部隊をパラシュートで降下させ、“敵地”深く侵入させる合同訓練をソウル近郊で実施していると発表した。同訓練を合同で行なうのは初めて。

 訓練は3日に始まり、18日迄行なわれる。こうした訓練の公表は異例で、聯合ニュースは「北朝鮮に対する強力な軍事的警告のメッセージが込められている」との見方を伝えた。

 在韓米軍等によると、イラクやアフガニスタンで要人の暗殺などを担った米特殊部隊も、米韓合同軍事演習に参加するため、韓国入りしている。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。