スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍事的中国包囲網強化の動き

 ニュースを追っていると、確かに米国は東アジア方面で米・韓同盟と日・米同盟を基軸に軍事的な中国包囲網を強化していることが分ります。
最近の北朝鮮の核実験と長距離弾道ミサイル発射が結果的にそれを助長しているのは単なる皮肉なのでしょうか。このところ、中国と北朝鮮の関係が悪化しているのも気になります。(張成沢処刑や抗日戦争勝利70周年軍事パレード欠席以来、今回の「暴挙」も含めて数々の断片的情報があります)
確かに戦略的には、アメリカは北朝鮮と和解して中・朝を分断し、北の軍事力を中国包囲網に取込んだ方が良いのに違いありませんが。
 

参考記事1:
空自那覇基地に第9航空団 31日新設 与那国陸自は3月28日
     2016年1月27日 09:15       沖縄タイムス  
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=151453

 【東京】 政府は26日の閣議で、航空自衛隊那覇基地の第9航空団を今月31日に、陸上自衛隊与那国駐屯地を3月28日に其々新設することを正式に決めた。閣議後の会見で中谷元・防衛相は「南西防衛体制の強化を目に見える形で示すものだ」と述べた。
 第9航空団は、築城基地(福岡県)のF15飛行隊を移駐し、2飛行隊、約40機体制とする。防衛省によると新たな航空団編成は約50年振りだという。31日の新編行事には中谷氏も出席する方針。

 また、新たな部隊配備となる与那国島では沿岸監視部隊員約150人の入隊式を開催する。防衛省関係者によると、3月の入隊式にも中谷氏が出席する方向で調整を進めているという。

 政府は、東シナ海での中国の海洋進出等を念頭に南西諸島の防衛力強化を打出している。2015年版防衛白書には与那国の沿岸監視部隊や那覇基地への第9航空団の新編などを明記。防衛省は宮古島、石垣島への陸自配備計画も進めている。


参考記事2: YAHOO! ニュース
米韓、最大規模の軍事演習実施へ 宣伝放送も拡大方針
     2月7日(日)16時23分        朝日新聞デジタル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160207-00000027-asahi-int

 韓国国防省は7日午後、定例の米韓合同軍事演習を3月7日から4月30日迄実施すると発表した。前年と比べ、約5800人の参加人員の他、1個空母強襲団や戦闘機45機を増強。「最先端で史上最大規模」(同省)の演習を行なうとしている。

 同省は南北軍事境界線近くで展開している北朝鮮向けの軍事宣伝放送に就いて、放送地点や時間を拡大する方針も明らかにした。米国との間で、B52戦略爆撃機等、米戦略兵器を追加投入することも協議するという。(ソウル)


参考記事3:
韓国が米と高高度防衛ミサイル配備を協議へ 朴政権が政策転換 中国は「自国の監視目的」と反発 中韓関係に影
      2016.2.7 20:08           産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160207/wor1602070078-n1.html

 【ソウル=藤本欣也】 米韓両国は7日、北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射を受け、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に向けた協議を開始すると発表した。韓国国防省は早期の配備を模索するとしている。

 THAADの韓国配備を廻っては、中国が自国の監視目的だとして強く反発しており、中韓関係に影響を与えるのは必至だ。中国重視政策を展開して来た朴槿恵政権の外交が転換する可能性がある。中国外務省の華春瑩報道官は7日、「深い懸念」を表明した。

 朴政権は対中配慮等から、在韓米軍へのTHAAD配備について「米国から要請はない」「協議していない」「如何なる決定も下していない」という“3無”政策を堅持して来た。

 しかし北朝鮮による1月6日の核実験強行を受け、朴大統領は同13日、THAAD配備に関し、「我国の安全保障と国益を踏まえて検討して行く」と前向きな姿勢を示していた。強力な対北制裁へ慎重姿勢を崩さない中国を牽制する意図があったと見られている。

 朴政権は今回のミサイル発射により、国内の安全保障の懸念が更に高まるのは避けられないと見て協議開始を決断した模様だ。韓国側は、在韓米軍のスカパロッティ司令官の提案を受けて決めたとしている。

 THAADは、高度100キロ前後で弾道ミサイルを迎撃する。高性能レーダーの探知距離は千キロを超えるとも報じられている。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。